FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
10
 
あと二日働けばお盆休み。
ウチの会社は土日とつなげるため、13・14・15が夏季休暇。
でもね、でもね、16日ってお盆的には大事な日じゃないの?
送り火も16日ですよね。
そうすると、稼働日重視の我が社では13日が出勤になって
5連休じゃなくなってしまう。
今年は1/5も出勤になったんだから、ここはつなげて16日も休みで良かったんじゃないかと思う今日この頃。
そう思いながらも、お盆的なイベントは全く予定ないんですけどね。

さて、今日は映画の日でもなんでもないのですが、映画を観てきました。
kkm176-01.jpg
巷で話題の映画です。
カメラを止めるな! です。
久しぶりの邦画です。

新人監督の上田慎一郎がENBUゼミナールに参加し、12人の役者が集まりワークショップした際に、
設定を当て書きに変えクランクインさせた映画。
制作費が300万円と低予算で、製作日数も8日間。
当初(2017年)は新宿と池袋の2館の映画館で1週間公開されただけだったが
好評を得て、翌年に関数を40館に増やして公開された作品。
そして、その評判が高まり、遂には100館を超える上映館になるという異例の作品。
その勢いが収まらないタイミングでしたので、火曜日に予約をして観に行ってきました。

その上映会も満席・売り切れ。
珍しいです。
席数はそれほど多くない、TOHOシネマズなんばの別館。
こんなに人がいるのは初めてです。
上映開始前にホールにあふれんばかりの人だかり。
ポップコーンを買う人を初めて見たので、ここのポップコーンの機械は
稼働するんだということを知りました。
また、入場開始の時間になると、それを知らせるスタッフの声がこころなしか弾んだように聞こえる。
こんなイキイキしたスタッフをここで見たのも初めてでした。

さて、映画の内容ですが、非常に難しい。
いや、映画の内容は簡単で、明瞭なのですが
何かを書こうとするとすべてがネタバレにつながるようにしかかけなくて
非常に難しくてもどかしい。

壮大な前フリをこれでもかというほどに面白おかしく回収していく脚本の妙。
脚本が本当に素晴らしい。
常々、映画は金だと思い込んでいる私が、感心するほどに
低予算でも本でここまで映画って面白くなるんだという稀有な例です。

今の日本映画は、原作ありきでそういうのがもてはやされて過剰な宣伝をうたれ、
観に行った人が落胆するものばかり。
本当に良い作品は、十分な予算が得られず、良作であってもしみったれたものばかり。
(すいません、私個人の非常に狭い視野の先入観です)
この先入観を思いっきり壊してくれましたね。
邦画も素晴らしい脚本があれば、素晴らしい作品が出来るんだということ。
日本の配給会社は短絡的な企画ばかりに目を向けるのではなく、
こういった作品を発掘することこそ、日本の映画界を盛り上げる良薬になるんだと
心して、お仕事にあたってほしいと心底思いました。

ということで、続きはネタバレ。

まず忠告。
映画が好きで、この作品を観られる環境にある方は、
まずは映画館に行ってください。
損はしません。
続きは観た人か、絶対観ない人向けです。
盛大にネタバレしていますので、
ネタバレを見てから映画館に行っても面白さは半分以下になってしまうことをお約束します。








ということで、ネタバレです。

まず、前情報としては、この映画の人気に火がついた背景と
「ゾンビ映画を撮っていると本物のゾンビが現れて、でも狂信的な監督は
撮影を中止することなく続行する」ストーリー。
驚異の37分1カット長回し。
ここまでです。

そう、これ、完全なるミスリード。
ゾンビ映画だと思っていましたから。
映画を撮っている映画を完成させ、その過程を振り返るコメディ映画です。
37分間1カットでゾンビ映画を撮るという過酷な注文を受けた
テレビなどで再現ドラマなんかを監督している、
キャッチフレーズが「早い、安い、そこそこの質」をモットーにしている気弱な雇われ監督。

最初の37分間が壮大な前フリになっていたんです。
ゾンビ映画として見ていたもんですから、途中途中に「?」なシーンがたくさんあり、
低予算ではあるものの、雑すぎるだろうと感じていました。
そして、1カットではあるものの、シーンが目まぐるしく変わるため、
昔見た“ブレア・ウィッチ・プロジェクト”や“クローバー・フィールド”のように酔いそうになりました。

37分の作品が終了し、そこから、この作品のオファーを受け、
曲者ぞろいの役者たちとリハーサルを重ねながら映画を作っていく
悪戦苦闘を見て行くというもの。
前半は、前フリとしてのゾンビ映画完成品を鑑賞し、
中盤は、映画撮影スタートまでの紆余曲折を見せ、
後半は、前半の劇中映画の撮影風景を見せる構成で
後半に怒涛のごとく前半から中盤にかけての細かいネタの回収に移るのが
非常に爽快で、非常に面白い。
そして、最後の最後に泣けるのもいい。
本当に素晴らしい。
いい映画を観れました。

リピーターが多いのもうなずけます。
全部を見た後で、もう一度前半部分を観直したくなるんですよね。
ちょっと麻薬のような作品です。
これ、後半でネタ回収をすること、映画製作のコメディであることを知ってしまうと
ある程度、「?」なシーンも後から理由付けが来るんだろうなと思って見てしまうと
初見の衝撃波半分以下になってしまいます。
映画は、可能な限り少ない情報で観るのがいいんです。
特にこの作品は。

さて、ここで残念だったのが、他の観客のマナー。
大声で笑うおっさんが数名。
もしかしたらリピーターなのかもしれませんが、
面白くなる直前で大声で大笑いするんですよ。
ちょっとね、素直に楽しめなくなってしまうんですよね。
しかも、私的に、そこまでの声で笑うか?というようなところでも大声で笑うので、
その人の感性を疑ってしまうような雑念が入ってしまって・・・。

家に帰ってから、先に鑑賞を終えた奥さんと
感想について、あれやこれやと話していると、本当に面白い映画だったんだよなと
再確認はできたものの、だからこそ、もう少し良い環境で観たかったのは
非常に残念でした。

細かいネタについて、私なりの点数をそれぞれつけていって、
観た人と感想を語り合いたいのですが、
そんなことしてしまうと、今日は何時に寝られるのかわからなくなりそうですので
詳細は割愛します。

それぐらい楽しい映画でした。
また、ラストシーンでの感動は卑怯です。
ホントにウルっときてしまいました。
さらに、エンドロールでは本当のメイキングが流れるなど、
一粒で何度美味しんだという、欲張りな映画です。
これこそが、映画愛にあふれた作品なのでしょうね。

いやぁ、観ることが出来て、本当に良かった。
もしかしたら、今年のNo.1かもしれませんね。








ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/3189-1c5d2d0b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ