ガンプラパダワンT

 
30
 
今日はゴールデンウィークだってのに一人。
奥さんは、京都のなんかのフェスで、救護スタッフのボランティア。
ちび姫はおばあちゃんとドラえもんの映画。
あね姫は起きない。
なので、映画観てきました。

余談ですが、
帰ってきたら、ちび姫も帰ってきていて、
「パパも映画行ったんやろ?」
「東京島根?」
と、意味不明な質問が。
ちょっと考えて、
TOHOシネマズのことだとわかりました。
とーきょーしまね・とーほーしねま
なかなか難しいボケです。

ということで
kkm167-01.jpg
ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル です。

先日、このブログでも書きましたが、“ジュマンジ”は昔好きだった映画です。
テレビの録画で前作の復習をして、本日に臨みました。
まず、前作ですが、今見ても面白いです。
まずは、これが前提です。

始まってすぐのシーンが、前作のラストシーン。
川に捨てたボードゲームが流れ流れて、とある砂浜に。
1969年にこれを拾って持ち帰るところからスタートするので、
完全に続編なんですね。

1996年。
父親の拾ってきた古臭いボードゲーム。
全く興味はなかったんだけど、翌朝見てみると、なぜかTVゲームのソフトに変身している。
何気にスタートしてみると・・・

現代。
学校で居残りを命じられた4人の高校生は、
居残りの作業として、学校の地下倉庫の片づけを命じられれるが、
その作業中に見つけた古いテレビゲーム。
興味本位で電源を入れた途端、ゲームに吸い込まれ、気が付くとそこは
“ジュマンジ”というTVゲームの中の世界。
それぞれが選択したキャラクターの姿で、このゲームをクリアすることを強制されることになる。

ということで、前作はボードゲームだったんですが、今回はTVゲーム。
しかもゲームの世界に入るので、VRゲームのよう。
主人公キャラのブレイブストーン博士演じるロック様ことドウェイン・ジョンソンは、
まさにゲームのキャラ。
特に洋げーのね。まんまです。
また、女性格闘キャラのラウンド・ハウスことカレン・ギャランも。
ただ、他のキャラとして動物学者や地図博士というキャラクターは
ゲームの操作キャラとしてはどうかと。絶対選ばないでしょ。
仮にパーティプレイを前提としていても、絶対嫌ですよね。

で、結論ですが、
前作ジュマンジが大好きだった人はちょっと拍子抜け。
特に思い入れがない人は、VRゲーム世界に入り込んで冒険する映画としては
それなりに楽しい映画なのでは?という感じです。
懐古厨・老害の私には、かなり物足りない感じでした。
ハードルあげすぎていたのかもしれません。
少し前の日経新聞に、このジュマンジが最近のソニーピクチャーズの中で
かなりのヒットを記録したって記事を読んだので、結構期待値が高まっていたのかもしれません。

やっぱり、すごろくであること。これがよかったんです。
止まったマス目の命令をドキドキしながら読む。
そして、現代の街にそのむちゃくちゃな指令が実現するところが楽しかったんです。
ゲームの世界に入ってしまったら、それはタダの冒険映画になってしまいますから。
ただ、冒険映画として、ゲームのエッセンスを盛り込んだジャングルでの
冒険映画としては、飽きることなく楽しめたので、それはそれでよかったんですよね。
別に、ジュマンジでなくても良かったかなと。

このゴールデンウィークは大作が目白押しですので
ジュマンジはどうしても目立ちませんよね。
もう上映回数も少なくなって、狭くなっていますしね。
でも、観られなかったらずっと気になっていたでしょうから
観ることが出来て良かった。
タイミングですね。

次はネタバレのコーナーです。






ネタバレといっても、隠しておくようなことはほとんどないので
別にかまわないのですが、ちょっとうっぷん晴らしを。

設定としての“ジュマンジ”は踏襲しているのですが、
別にそこ守らなくてもいいんじゃないのってぐらいにテイストが違います。
最初はボードゲームだったので、特に疑問を感じなかったのですが
わざわざTVゲームに形を変えてまで、プレイヤーを世界に引き込むのには
何か理由があるのだろうと感じてしまうんですよね。
特に理由もなさそうなんですけど。

ゲーム内でのイベントもボードゲームならではって感じと、
TVゲームのステージクリアってイベントでは、どうしても方向性というか全然違いますしね。
要するに老害な私は、もう一度すごろくでやってほしかったわけですよ。
サイコロを振るとき、コマがマス目を動き止まるとき、イベントが表示されるときのドキドキ。
これがないんですよ。
シームレスにステージをまたいでいく感じは、普通のアクション映画ですから。

そして、最も気になった点は、ジャングル。
ウェルカム・トゥ・ジャングル なんですけど、動物の登場回数が少ないんです。
悪いボスとの戦いが芯にあって、
動物はどちらかというと、たまに出てくる程度。
基本的には、悪い“人”に追っかけられ、かわしながらゴールに進むんですよ。
これが残念でならない。

前作はかなりキャラの立った“ハンター”が一人だけ出てきてロビン・ウィリアムズを
追いかけまわすんですが、それ以外は動物や虫や食虫植物
さらには異常気象など舞台は現代の街なのですが、イベントごとに
ジャングルをしっかりと感じさせていました。
今回は、舞台がジャングルなのでそれほど動物を出さなくてもいいと思ったんでしょうかね。
これ、ホント残念でした。
“ジュマンジ”じゃなくていいと思ったのはこの2点なのですが、
この2点が私にとってはかなり決定的なんですよね。

そうなってくると、ゲームキャラの動物学者と地図博士の設定自体に疑問がわいてきて
ゲームを舞台としつつも、その登場キャラはゲームでは成立しないんじゃないかと
これは、絶対にきゃあクター分の人数がいないと成立しないゲーム。
そうなると、最初に一人でプレイしたのは、アリだったのか。
すごろくでは、プレイヤーの順番待ちという荒業で26年の時をワープできたけど
今回はTVゲーム。
なんともそれはどうなんだろうという感じです。

映画は、ファンタジーでありながらも
ちょっとしたつまづきで、入り込めなくなってしまうものなんですよね。
先日のパシリムも、チャイナマネーで全体が曇って見えていましたから。
この映画も、ジュマンジでなければもっと楽しく見れたかもと思うと
つまらないフィルターを外せなかった自分が残念です。

ゴールデンウィークのファミリー映画としては・・・
ちょっと幼い下ネタが2か所あったのも、自分としては許しがたい。
ジョー・ジョンストン監督のジュマンジはそのあたりも徹底していたように思います。
今のCG技術で、もう一度すごろくでやってほしい。
日本では、正月にすごろくで遊ぼうなんて文化も残っているはずですし、
すごろく自体、まだまだいけるはずですよ。

あーー、だめだ。
やっぱり、ちょっと納得できないや。








ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

2018.04.30 Mon 21:41  |  

ジュマンジ、やはり自分も学生の頃見て印象に残ってる映画です。
あのサイコロ振って指令が出る瞬間のドキドキが堪らなかったです。
ツヨさんの記事で思い出したハンター、
あのキャラもいい味だしてましたよねw
ツヨさんが言われてるようにすごろくだから、
指令までの駒の移動のわずかな時間があのドキドキ感を生んでたんでしょうね。

チビ姫ちゃんのボケ、なかなか高度ですなwww

  • #-
  • へな
  • URL

2018.05.04 Fri 01:27  |  Re: タイトルなし

へな様
世代が近いとみてる映画も似てくるんですね。
ジュマンジ面白かったですよね。
あのハンターは、本当に漫画チックなキャラクターで印象に残っています。
当時の映画では、あんな感じの立ち位置のキャラクターが
結構いたような気がします。
最近の映画もいいですが、昔の名作は、今もいいですね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/3090-34002ded
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ