ガンプラパダワンT

 
02
 
今日は4月1日。
エイプリルフールです。
誰かを幸せにするような嘘をつけましたか?
エイプリルフール・・・ググってみたけど、起源は不明なんですね。
それにビックリ。こんなに世界中に広まっている風習(?)なのに。
ま、なかなか粋な嘘なんてつけないですよね。

さてさて、今日は映画の日でもありますが、お休みです。
そして春休み。
なので、ちび姫連れて観に行ってきました。
kkm149-01.jpg
キングコング 髑髏島の巨神 です。
ちび姫が何か映画を観に行きたいと言いだし、あね姫も乗っかったんですが、
最近、映画自体観に行けていない私にとって、子供目線に合わせる余裕はなく、
映画の日のコンセプト(1,000円だから観に行く映画)基準に従って選ばれたのがキングコング。
ちび姫は、怖そうだけど行く!
あね姫は、キングコングならいかない!
となり、ちび姫連れて、観に行ってきました。
(あね姫が行くという映画の選択にはなりませんでした)

さて本編ですが、想像の通りの怪獣映画。
清々しいまでの怪獣映画。
日本でいうところの昭和の香りすら漂ってくるような、
ただただ怪獣が暴れる映画です。
ストーリーは、
突然衛星で見つけた新しい島に調査にいったら、巨大生物がたくさんいました
ってだけです。
これがもう、清々しさ満開ですね。

役者さんはそれなりな方が多く出演されていてビックリです。
特に戦場カメラマン役で出演したヒロイン:メイソン・ウィーバー役のブリー・ラーソン。
彼女の活躍は、役柄的にも素晴らしいんだけれど、その存在感がこれまた素晴らしい。
エエ体しとるしね。
アカデミー賞を獲った“ルーム”は見てないんですけど、いいんでしょうね。
役柄的にも、凛としてるし、武闘派だし、コングと心を通わせるお約束も果たすしね。
そして、エエ体しとるしね。

主役は、“ソー”で弟のロキを演じたトム・ビルストン。
役柄的には、凄腕の元SASの傭兵なんですが、劇中では頼りにされるものの
驚くような活躍はしないし、どちらかというとたしなめ役。
そっちへは行くな、〇〇しない方がいい、落ち着け・・・。
ま、大事なことなんでしょうけど、もっと、こう、なんかね。

そして、私的に、私の観る映画にレギュラー的に出てくるのが、サミュエル・L・ジャクソン。
SWにまで出張ってますからね。
今回の役柄も、ちょっと切れた軍の司令官。
もう、はまり役ですよね。
役名ももう、サミュエルでいいと思うんですが、どうでしょうか?
病的にキングコングを殺すことに執着し続けるその表情が、なんども
キングコングと対照的に画面に映し出されて、
コングなの?サミュエルなの?って感じに。
次は、水爆実験で巨大化したサミュエルとキングコングの対決でもいいかもね。

あとは、調査団の人員や彼らを守る軍隊員たちなどで、殺され要員が多数です。
その中でも異彩を放っていたのが、サン約のジン・ティエン。
女性です。中国人女優です。
これがもう、何の役にも立たない。
というか、役を与えてもらっていない。
いなくてもいいとはまさにこのこと。死にもしないしね。
映画最初の製作会社のロゴで中国の会社が1社出ていましたが、
明らかにここからのプレッシャーなのだろうと、容易に推測できるパティーン。
ま、中国で上映されるときの客寄せパンダ的な扱いなのでしょう。
中国だけにパンダ??

まぁね、人間側は極論、どうでもいいんですよ。
それこそ、無名の役者だっていいんですよ。
だってね、この映画を観に来る人は、キングコングの暴れる様を見たいのですから。
ま、タンクトップのブリー・ラーソンのエエ体が見れたのは、予想外の収穫でしたけどね。
ということで、キングコングたちの活躍は、続きのネタバレコーナーで。
ネタバレ見ちゃうと、映画が面白くなくなるかもですので自己責任で見てくださいね。
ま、ネタバレもくそもないのかもしれませんが。





さてやってきましたネタバレコーナー。
まずは、こちらをご覧ください。
kkm149-02.jpg
怪獣画師・開田裕治氏の日本版ポスターです。
これ、素晴らしいです。
まさに、この雰囲気です。
パンフレットや製作会社?配給会社?が作ったポスターよりも断然こっちの方が
映画の雰囲気を伝えています。
まさに、この雰囲気なのです。

この映画の制作会社は過去にハリウッド版のゴジラを手掛けています。
黒歴史ですよね。
かなりのアレンジが加わったうえに、劇中、よく見えない、出番が少ないという残念作。
今回はその反省もあってか、島に到着したら唐突に晴天の下に現れて大暴れします。
これにはびっくり。
もっと、探索の中で、ちょろちょろと気配を醸し出しながら、ここぞという場面で出てくるんだと思っていました。
出てきてからも、結構な長時間の大暴れ。そのシーンだけでもおなか一杯になるぐらいの迫力です。
  過ちを気に病むことはない。
  ただ認めて、次の糧にすればいい。
  それが、大人の特権だ。   byフル・フロンタル

だけどその前に・・・。
調査隊は太平洋の真ん中に浮かぶ謎の髑髏島の調査に向かうわけですが、
もちろん海の真ん中なので船で行くんですよね。
その船は母船で、調査隊はヘリで島へ上陸し、3日間の調査を終えて合流地点で
また新たなヘリが迎えに来るというスケジュール。
その船の上でのシーンがあったのですが、そこで確認できるヘリは、ローターが1つの普通のヘリが3機。
ローターが2つの輸送用と思われるヘリが1機しかなかったはずなんです。
で、いざ島へってときには全機発進。お迎え用のヘリは??
あ、そうか、他人を下ろしたら戻ってくるのね。と思ったら、次のシーンでは
ヘリの編隊が12機も。
どこにしまってたのよ。
ここで確信。そうか、こいつら落とされる要員なのね。細かい設定は気にしたらダメな映画なのね、と。
最初に衛星写真の髑髏島の俯瞰図が出てくるんですが、形が髑髏ですから。

そして、島のエリアに入ったら、唐突に登場のキングコング。
そして、ヘリはすべて撃墜。
全て??
結構墜落はしたものの、爆発までしてなくて、命からがらヘリの残骸から抜け出してくる主要キャストたち。
帰りのヘリ、なくなったんじゃないの?
でも、期間の合流地点を目指すってことは、やっぱりお迎え用のヘリは別だったのか?
じゃあ、何機のヘリ用意してんだよ?
しぶしぶ調査にGOもらったような感じなのに、どんだけ豪勢な装備なんだよ?
これがアメリカってやつか。

いやいや、もうね、こんなのどうでもいいんですよ。
いろんなシーンで結構小ネタをぶっ込んでくれているような感じも伝わり、
本当にこの監督は怪獣物が好きなんだなと感じられて、
その愛ゆえに、細かいことは気にしないで、ただただ怪獣大運動会を楽しめばいいんです。
ピーターパンのフック船長のワニネタなんかもお約束ですからね。

子の髑髏島で出てくるのは、キングコングはじめ、
巨大蜘蛛、巨大な枯れ木に擬態したバッタ、巨大な牛(草食)、
プテラノドンみたいな中型の鳥(それでも人をつかんで飛べる)、巨大タコ、巨大髑髏トカゲ。
巨大ってキーボードで打ちすぎて、少し笑えてきました。
あのポスターでコンプしてますからね。
なんで巨大なのか、劇中では“水爆実験”というキーワードが出てきますが、
ゴジラのようにこれがきっかけ、ではなく、もうすでにいた巨大生物を退治するために
水爆を使ったけれどダメだったってエピソード。
結局、地球は謎だらけってことで落ち着いているところもいいです。

やっぱりキングコングはいいやつで、実は島の守り神だったりするところもお約束。
悪い巨大生物から島の原住民を、守っているんです。
だから、危害を加えない人には攻撃しないんです。
最初のは、人間側がオイタをしたからなんですよ。
だから、人間の女性と心を通わすような雰囲気にもなっちゃうんですよね。
これもキングコングのお約束。
ま、エエ体やしね。
キングコングが、悪い巨大生物から島を守るって構図が紹介されたら
あとはもう、巨大生物同士の善と悪のバトルですよ。
最新の技術で表現される怪獣バトルは圧巻。
こういうの、もう今の時代では受けないんでしょうけど、私は大歓迎ですよ。
こういう絵を見るために、お金を出して、大画面と大音響の映画を観るんですよ。

あとね、この映画の監督なんですけどね、日本が大好きなんですって。
しかも、日本のアニメとかのサブカルが大好きなんですって。
映画冒頭で出てきたのは、アメリカ兵と日本兵。
この日本兵の名前は、グンペイ・イカリ。
エヴァの碇・ゲンドウからインスパイアされたんですって。
しかも、髑髏トカゲはエヴァの使徒:サキエルと千と千尋の神隠しのカオナシからのインスパイア。
かもしだす昭和の怪獣映画的な背景描写なんかもやっぱりそこら辺から来ているのかも。
なんとなく親しみやすいのは、そんな監督のエッセンスと
ちび姫と一緒に見るために吹き替えで観たというのが、結構相性が良かったのかもしれません。

ストーリーは皆無といっていいぐらいないし、何も心に残らないけれど、
映画の日だから観る映画としては最高。
ただただ怪獣を見る、清々しいまでにそれを最後まで貫いた映画でした。
ただただ怪獣を見ながら、要所要所でエエ体観て、
記憶には残らないけど、いい映画でした。






ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

2017.04.02 Sun 01:24  |  kazu

僕も見てきました。初っぱなのブラックサバスのパラノイノドをノリノリで歌いました。日本兵がギタリストのミヤビだったり、エンドロール後に日本の怪獣出たりと。なかなか楽しめました。キングコングの巨大に感じさせる表現が素晴らしかったです。
次はスカヨハ版の攻殻機動隊を見に行く予定です。かなり不安ですがね。

  • #-
  • kazu
  • URL

2017.04.02 Sun 01:29  |  

書き忘れてましたが個人的にはサミュエルジャクソンとモーガンフリーマンの出演する映画に外れはないと思います
中国人の役者はおっしゃるとおり中国を意識した配役でしょうね。全く存在意義が、ありませんでしたな

  • #-
  • kazu
  • URL

2017.04.02 Sun 07:49  |  

エエ体を五回書いちゃうくらいエエ体だったんですね!(o^∀^o)

  • #-
  • gvo
  • URL

2017.04.02 Sun 08:54  |  

中国の会社と女優さんの話は以下の記事に書いてありましたよ~。
(アドレス書けないと思うのでタイトル書いときます。日経のサイトです。)

大連万達、激しく攻め込みすぎたハリウッド

  • #-
  • あば
  • URL

2017.04.03 Mon 08:03  |  Re: タイトルなし

kazu様
おぉ、観られましたか!
やはり色々とお詳しいですね。
やっぱり、中国人女優は同じ感想でしたねw
甲殻機動隊も観に行きたいのですが、どうか・・・。

gvo様
怪獣たちも魅力的でしたが、エエ体もね。

あば様
記事読みました!
なかなかに強引で苦戦しているようですね。
今回の映画では、日本のエッセンスがちりばめられていましたが、
そういうのって、金でするものではないですよねw

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/2694-1d5d2092
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ