ガンプラパダワンT

 
08
 
体が痛いです。
これは筋肉痛ではなく、筋肉の凝りだと思われます。
だって、昨日の終わり直後からそうなんだもの。
これも慣れてくれば大丈夫なんでしょうけど・・・
今日は1日だるかった。
しかも、15日のコースデビューの参加者が増えたとの極秘情報が入り、
さらに憂鬱になっております。
こんなペースで大丈夫なのか。パターの練習って・・・
やべーな。

と言いながらも、今日は映画の日でもなんでもないのですが映画観てきました。
本当は今月の1日に行きたかったんですが、運悪く出張が入ったのでね。
だから今日は一人で映画。
早く観に行かないと公開が終わっちゃいそうで怖かったんですよ。
ということで
kkm141-01.jpg
X-MEN アポカリプス観てきました。
このために、前作フューチャー・アンド・パスト、前々作ファースト・ジェネレーションを
DVDレンタルして復習したんですから。
前にクローバー・フィールド復習して全く意味がなかったことへの復讐です。

で、今作はX-MEN新三部作のフィナーレとなります。
X-MENとしては6作目ですね。
はい、きっちりと全部劇場で鑑賞させていただきました。
前々作はプロフェッサーとマグニートーが若いころのお話で
X-MEN誕生秘話的なストーリー。その時の記事はコチラ
で、前作は、旧三部作の世界からタイムスリップして過去に飛ぶお話で
過去の役者さんは前々作の役者さん達。ここでの行動が未来を変えて
平行世界が生み出されるって感じかな。その時の記事はコチラ

パンフレットにはこの作品が旧三部作の1作目につながると書いてありますが、
本当にそうなんでしょうかね。
明らかに、旧三部作で登場したキャラクターたちの登場の仕方が異なります。
エンジェルやナイトクローラーなんかそうですよね。
ストームやジーンはまだいいとしても、サイクロップスのゴーグルも違うし
ミスティークの立ち位置も違うよね。
これ、明らかに別の未来になってますよね。
それはそれでいいんですけど、パンフレットの著者はどう考えてるのかな。

さて、今作は最終章ということで敵がもう神級なんですよ。
アポカリプス(黙示録)というだけあって、絶望的に強いんですよ。
いろんな能力を持っているみたいだし、仲間の能力はあげちゃうし
反則もいいところです。
これにどう立ち向かっていくか。
ワクワクしますね。

ミスティークのおぼこい雰囲気にも慣れてきましたし、
プロフェッサーがどうして禿げちゃうのかも解明しますし、
マグニートーのツンデレぶりも今回も健在ですし、
もうアメコミ映画の吉本新喜劇的な空気さえ漂う本シリーズは
これで終わりにしてしまうのはもったいない。
エンディング後にまたまた次につながりそうな思わせぶりなシーンが入っています。
この調子でどんどんお話量産して、アメコミの寅さんを目指してほしいものです。

つうことで、内容についてはほとんど触れていませんが
それは続きのネタバレのコーナーです。
面白かったんですが、おそらくもう公開は終わり。
映画館で観ておくべき映画だってことは確かなのですが
ここでそんなことをいってもタイミングが悪いのは承知で、
やっぱり映画館で見るべし!







ということで、ネタバレコーナーです。

やっぱり定番の面白さですね。
前半記事でも書きましたが、各キャラクターの得意技が披露されるだけで
アドレナリンが出てしまいます。特にマグニートー。
彼の空中でのポーズが私的にツボなんですよ。
あのポーズをみると、その後の超活躍が瞬間的に楽しみでたまらなくなります。

そして驚きだったのは、アポカリプス=ラスボスがじつは
レジスタンスのエースパイロットのポー・ダメロンであること。
急に頭角を現しましたね。
つか、あぁなっちゃったら全然わからないですw

さらに、楽しかったのはクイック・シルバーのシーン。
前回も相当監督が楽しんでいましたが、今回は悪乗りしすぎ。
でも楽しんでやっている感がビンビン伝わってきたので、合格です。
前回のデジャブのようなシーンとして、自分はマグニートーの隠し子であることの告白。
この内容は、最終的にどう活きてくるのかとやきもきしましたが、
結局これは解消されず、次のシリーズに持ち越されるのでしょうかね。

4作目で主要キャラクターの若いころを描き、旧三部作とのつながりも見えましたが
5作目で確実に僕らの知っているX-MENとは別の並行世界を歩きだした新三部作。
今作は、リニューアルされた新俳優たちの真骨頂で、今後の世界を広げてくれる予感が伝わります。
だってね、今作でも年代的には1983年と、30年前なんですからね。
劇中劇として、スター・ウォーズ6:ジェダイの復讐(帰還)をディスっている場面がありますが、
それよりもクイック・シルバーが家のテレビで流していたドラマが“ナイト・ライダー”だった事の方がうれしかった。
4作目の10年後が5作目で、その10年後が今作。
年代的にまだ現代に追いついていませんから、それも楽しみですね。
その時代を代表する文化や事件をさらりと絡ませるのも楽しいですね。

さてさて、旧三部作ではウルヴァリンが主役で、ミスティークはマグニートーの女だったのが、
今回のラストではミスティークが主役でプロフェッサー側についています。
自作のシリーズが展開されるならば、この路線でいくのでしょうか?
マグニートーも基本的には仲間っぽく、DBでいうならべジータレベルのツンデレ要素をはらんでいます。
この関係性での次を観たいです。

しばらく休憩かな。
観れなかった人は、是非ビデオで新三部作を〆てください。










ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/2485-08d7bba7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ