ガンプラパダワンT

 
02
 
なんだか、今日はミナミの街は浴衣女子多くね?
いや、会社の近くで出現するホステスのプロ浴衣じゃなくて素人浴衣ね。
なんか祭りでもあったんでしょうか?
浴衣はいいねぇ。
夏って感じだしね。
でも、たまにいる男の浴衣なんなの?
なんかなじめないわぁ。
たとえ、私が若かっても絶対着ない。って、まぁ、そんなの関係ないか。

さて、今日は映画の日。
観てきましたよ。
kkm136-01.jpg
インディペンデンス・デイ:リサージェンスです。

もう20年前になるんですね、前作が公開されたのって。
インディペンデンス・デイ、好きだったわぁ。
壮絶に金をかけたB級大作。
ビル・プルマン演じるホイットモア大統領の演説は何度聞いても感動的。
何が良かったってね、キャラクターもそうなんですけど、
現代の世界にオーバーテクノロジーの宇宙人が急に攻めてきて
現代兵器で何とか立ち向かう、その姿にハラハラさせられたんですよ。
なんとか知恵で乗り切った勝利は、ご都合主義がさく裂しつつも
いまだに観ても飽きない面白さがあったんです。

そう!結構好きなんです、前作!

なのに、この続編、公開されてしばらくたつというのに
全く評判が聞こえてこない、空気みたいな存在になってるじゃないですか。
これは、自分の目で確かめるしかない!
どんな状態であっても観に行くことは決めていたんですけどね。

そして見て納得。
薄っぺらいよ、エメリッヒ。
冒頭から2016年だというのにオーバーテクノロジー。
重力から解放されています。
そりゃね、あの宇宙人たちが残したいろんな技術があるからってのはわかりますがね
流石に20年でここまでの発展はないでしょうよ。
リニアモーターカーが大阪に着くのに何年かかると思ってるのさ。

ま、ここで圧倒的な未来世界を見せることで
この映画の中の現代を説明しているんだろうけど、なんだか進みすぎてね。
前作が好きな私は前作のキャラクターが大体出ているのはすごくうれしかった。
唯一ヒラー大尉(ウィル・スミス)だけが死んだことになっていて残念。
その息子もキャラ的には薄くて、さほど活躍もしないというね。
なにかしたの?

映画としてはド派手で流石はエメリッヒてな感じの大破壊が見られるんですけど
見どころはこの映像の派手さだけ。
キャラクターが増えたので、その一人一人が薄くなってしまって、
感情移入できる人がいませんでした。
ストーリーも簡単明朗すぎて、明日になったら忘れそう。
しかも、途中でトイレに立っちゃったしね(これは個人的に大きな失態)。

このペースで行けば、次は宇宙空間での戦争になりそうです。
エイリアンとの肉弾戦のシーンも増えましたし
エイリアンには、結構親近感がわいてきました。
でも、この雰囲気では次は作れないんだろうなぁ。
今日だって、かなり観客少なかったしね。

でもね、このノリ、嫌いじゃないよ!
むしろ好きだよ!
しっちゃかめっちゃかで、ガンガン破壊しまくって、チャンチャンな映画。
次が公開されたら、また絶対にスクリーンで観るかんね!

ということで、続きは突っ込みまくりのネタバレコーナー。
観てない人は読んじゃダメ。






さぁて、言いたいことが山ほどある。
これはね、私の好きなパターンですよ。
映画が終わったら、飲み屋に直行。
みんなで大ツッコミ大会ですよ。

エイリアンの技術を根こそぎ参考にして、昇華させた様々なテクノロジー。
月と地球なんて、あっという間に行けちゃうんだから。
車でも盗むぐらい簡単に、軍の基地から小型の宇宙船盗み出して月から地球にひとっとび。
「無断借用なので早く乗って」って、もうね、出発できること自体ざるなのに
気付かれないはずはないでしょう、さすがに。
でもね、この宇宙船には手が生えていて、いろんな作業ができるんですよ。
かなりタツノコプロ的なマシンなんですが、男の子はワクワクせざるを得ませんね。

そして出てきたリバイブエイリアン。
今回の母船のサイズはけた違い。
地球の北半球の1/3ぐらいを覆ってしまうほどの大きさ。
大きすぎて、地球にとりついたときに、何がどうなってるか全然分からない。
おそらくは間違っていないんでしょうけど、ドバイのブルジュ・ハリファや、ロンドンのタワーブリッジなど
日本のゴジラ並みに名所をなぎ倒していました。
でも、前作のほうが地球の全地域をカバーしていて、そっちの方が
全世界的に恐怖度高かったんじゃない?

「あの戦争以来、世界は一つになった」って言っていて、それはもう素晴らしいんですけど
今回はアメリカメインというか、地球防衛軍的な一つの組織が戦っていて
前作のように各地で頑張ってるって感じじゃなかったのは、世界が狭くなったように思いました。
唯一、よく分からない国の部族長が単独で暴れていましたけど。
もっと各地で戦闘してはヘロヘロになって絶望を味わう展開は欲しかったですね。

そして、究極は違う種族。
過去にこのエイリアンに襲われて、命からがら逃げてきた種族なんですけど
手がないんですよね。
体はとうの昔に捨てた的なこと言っていましたが、その彼も宇宙船に乗ってやってきたんですよね。
どうやって建造するのさ。
そして、エイリアンのクイーンに追われてるんだってさ。
エイリアンに襲われる地球を見捨てておけないからと、やってきたのに
倒せないなんてゲロっちゃうお茶目さん。
挙句は自身の出す特殊な電波でクイーンエイリアンを基地に誘導してしまう始末。
そのくせ、地球人は原始的だなんてのたまっちゃう。
強がりもほどほどにね。
最後は手のひらかえしてましたけどね。

そしてクライマックス直前は、シールド機能を失った基地を
兵士たちがエイリアンのビーム銃を手に地上から戦闘機を迎え撃つけなげなシーンが。
なんだか既視感が・・・  そうだ!スター・シップ・トゥルーパーズだ!
あの映画もいいよね~。
そんな蔭では母船の中で若手主要メンバーたちが探検中。
もうね、エイリアン、隙がありすぎ。
銃の狙いも悪いし、広場の真ん中にスクランブル状態の戦闘機を3機も置きっぱなしだし。
タイマンではかなり強いはずなのに、技術力も相当高いはずなのに
かなりのお間抜けさんです。
なんだかどっちも緊張感が足りんよね。

そして、クライマックスはいよいよクイーンエイリアンの登場。
もう、ここからは趣向が変わって、怪獣映画のそれになっちゃってましたね。
それはそれで派手だしいいんだけど、一気にチープさが・・・。
CGはすごいし、迫力も満点な映像なんだけども、
ちょっと度肝を抜かれましたね。
こいつをやっつければ、全部撤退するって途中に説明があったんだけども
実際にそのシーンを見るとなんだか納得できないんですよね。
大将やられて戦意喪失するのはわかるけども、撤退早すぎ。
潔すぎよ。

今度はエイリアンのすみかまで追いかけて行っての宇宙戦争てな感じ?
手のないお茶目さんも手伝ってくれるっていうし、ワープの技術も実現だって言ってたし、
もう怖いものは何にもないよねエメリッヒ。
もう好き放題暴れてください。
ただね、前作のカタルシスが欠片もなかったことには少々がっかりなんですよ。
ちょっとテイスト変わりすぎて続編だという感じが・・・
同じ監督が作っているのに、この同人感は逆にすごいかも。
もう好きにして!






ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/2452-ed411494
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ