ガンプラパダワンT

 
06
 
今月の1日は都合が悪くて映画部が実施されませんでした。
通常なら次は次月となるのですが、どうしても見たい映画があったのです。
007です。
実は、4代目ボンド(ティモシー・ダルトン)から全部劇場で観ています。
なので、今回もって思っていたら、今日が最終日。
急いで観てきました。
kkm125-01.jpg

噂では今回が最後のボンド役となるダニエル・グレイブ。
これが4作目となるのですが、どうにもやっぱりキャラ的に好きになれないんですよね。
私の中で抜群のイメージは前任のピアース・ブロスナン。
もっとさかのぼれば、ロジャー・ムーアなのですよね。

ムーアのボンドはテレビでしか見たことないんですが、
これぞイギリス紳士のスパイと言った感じで
セクシーさとコミカルさと聡明さと力強さをバランスよく持ったボンドだったと記憶しています。
ダニエル・クレイブは登場初期からショーン・コネリーの再来と言われ、
生粋のファンにはかなり印象が良いようですが、
私からすると、泥臭すぎて汗臭すぎて、優雅さがないんですよね。

ということで、本作はどうだったかというと…のりきれませんでした。
これまでの3作の集大成的でラストを飾る作品なのですが、
私個人的には、これが一番ダメでした。
これが最高傑作!と評価されている方も多いので、
私の求める方向性が違うのでしょうね。

クレイヴのボンドになってからはリアル路線で行くって感じだったのですが
今回は敵役(組織)が荒唐無稽すぎるんです。これまでとのギャップがありすぎる。
その割にボンド自身はリアルをいっている感じがしてアンバランス。
どうせならもっと秘密兵器的なものをガンガン使ってくれればいいのに。
組織の目的も風呂敷を広げすぎて、結局何が危機かもわからないし
ボスも往年のキャラクターを復活させてはいるものの
いまいち目的がはっきりしないし、単体では弱いのよ。
折角のクレイヴのパワーを発揮するところがないんですよね。

ま、これできれいにまとまった感はあったので、
次は新しいボンドを期待します。
もっとスマートで、スーツが似合う女ったらしなボンドをお願いします。
もう劇中で女性たちが落ちていく様が不思議でならなかったですからね。
ノルマが達成できたってことで、今回は良しとします。

続きはネタバレです。
かなり辛口かも。






さて、前半は全体の印象しか書きませんでしたが
全部が悪いかというとそうでもなく、アクションシーンは見ごたえ十分でした。
ただ、お金のかけ方のバランスが悪かったのか、
テンポが悪く感じちゃいましたね。
というのもアバンでの長まわしのスーパーマリオ的なシーンは素晴らしい。
なぜに建物が崩壊したかはわかりませんが、迫力満点。
ここが一番の見せ場だったのではないかと思います。
建物崩壊後のヘリでのアクションも素晴らしく、
ハラハラしましたね。あれってCG?実写?

今回も007らしく、世界各地を飛び回ります。
メキシコ→イギリス→イタリア→オーストリア→モロッコ→イギリス
イギリスはロンドン、イタリアはローマなのですが、
その土地を象徴するような路地や街並みがいい感じ。
かつて卒業旅行で訪れた記憶がよみがえりました。
こういうの、いいですよね。
特にローマでのカーチェイスシーンは、最近の映画にしては地味ではあるものの
ローマがすごく感じられて良かったです。

アクションシーンで2番目に印象に残っているのは
モロッコへ向かう電車の中での屈強な敵役ビンクスとのバトル。
もうね、ボンドのパンチやキックが利かないの。
昔、鋼鉄の歯をもつジョーズって悪役がいたんですが、それを髣髴させましたね。
小学生時代にテレビで見て強烈に印象に残った悪役です。
(昨年亡くなられたリチャード・キールさんが演じておられました)
最後の撃退の仕方もなんとなく見覚えのあるような方法。
(後で調べたら、ショーン・コネリーのロシアより愛をこめてのオマージュだそうな)
すごく懐かしい感じがして良かったです。

ただね、ちょっと強引過ぎるというかなんというか、納得できないところが多いのも確かなんですよね。
最初の建物の倒壊もきっかけはライフルでの狙撃なのですが、
4階?ぐらいの部屋のターゲットを狙撃したら、
部屋の中の何かが爆発して、それがきっかけで建物全部が倒壊するって・・・。
途中、スペクターに捕まって、拷問されるんだけど、その方法もよく分からない。
極細ドリルを顎あたりからゴリゴリ入れられるんですが、
何を目的にそうされているのか、その後のピンピンしたボンドを見ると余計に訳が分からない。
最後にヒロインと別れるんですが、意味ありげな別れ方の癖に意味がなく、
気が付いたらとっつかまって、人質にされちゃう始末。

いやね、007なんて、究極マンガの世界なのですよ。
だからストーリーに重厚感なんかを求めること自体が野暮なんですよ。
超ご都合主義で、悪の組織もスケールのでっかい目的を持っていて
ボンドは孤軍奮闘、秘密兵器で大活躍なわけなのですが、
肝心のボンドがリアル路線なんで、バランスが悪いんですよ。

しかも、英国紳士のはずのボンドが劇中ではほとんどスーツを着ないし、
前よりはましなものの、スーツが似合わないんですよ。
(似合わないからあまり着ないのかもしれません)
全体的に私の求める007ではなかったんですよね。
今回特に。
(唯一の救いは、着ている服が破れなかったとこかな)
だからこそ、これが最高傑作だと評価する人もいれば
私のように駄作だと思う人もいるのでしょうね。

これほどに評価が分かれるのも珍しい。
人によって求めるものが違いすぎるからなのでしょうね。
思えば、50年以上も続くシリーズです。
その中にはいろんなテイストのものがあって、それぞれにファンがいて
それぞれに007の理想像があるってことなんでしょうね。
今回のクレイヴボンドはかなり我慢したので、
次は私好みのボンドが出てくることを期待します。

なので、やっぱり、次も観に行くんだろうなぁ。





ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/2270-6f30ccb5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ