ガンプラパダワンT

 
02
 
昨日は、21:00に寝てしまいました。
目覚ましを23:00に合わせて、起きてから記事を書こうと思ったんですが、
朝まで寝てしまいました。
疲れてたのね。
寝すぎて腰が痛いです。
今週からは忙しさがなくなるはずなのですが、どうなることやら。

さて、昨日は8/1で映画の日。
今年は映画の日が休日にあたることが多く、会社の映画部はなかなか活動しないんですが
この日は子供たちを連れて映画に行ってきました。
kkm108-01.jpg
インサイド・ヘッド です。

頭の中に“ヨロコビ”“カナシミ”“イカリ”“ムカムカ”“ビビリ”の5つの感情をつかさどるキャラクターがいて
場面場面でその本人の感情をコントロールする。
それはすべて、その本人の幸せのため。
という設定。
少し前に邦画で“脳内ポイズンベリー”という作品が公開されていましたが、
発想は丸々同じですね。
ハリウッド映画で近い時期に同じコンセプトの作品が公開されることはよくあるんですけど、
邦画とコンセプトが被るのは珍しいですね。
同じ時期に企画が上がったのか、片方がインスパイアされたのかわかりません。
ただ、あちらは恋愛、こちらは子供。
今更恋愛って歳でもないですし、子供たちにとってもコチラでしょうね。

さて、ストーリーですが、インサイドのドタバタを脇に置いてみると、
11歳になったライリーはミネソタの片田舎で両親に愛されてすくすくと育っていた。
夏は裏山へハイキング。冬は凍った池でスケート。
地元のアイスホッケーチームに所属し、友達もたくさん。
楽しい毎日を送っていた。
ある日、父親が起業するため引っ越しをすることになり都会へ。
新しい暮らしに期待を募らせるライリーだったが、新しい家は想像していたよりもどんより。
学校も溶け込めない。精神的に追い詰められたライリーは・・・。

てな具合で誰にでも起こる日常の事件での葛藤が描かれるんですが、
その葛藤の処理の仕方が、脳内にいるさまざまな感情のスイッチングで
行われ、それがうまく機能しなくなって大変なことになるんです。
よく描かれていると思います。
すべてはライリーの幸せのためにそれぞれが奮闘するんです。
精神的葛藤を脳内の役割に応じて発散させていくのはなるほどと感じましたね。

冒頭、ライリーが生まれてから現在に至るまでが短時間で紹介されていきます。
その時々の感情をそれぞれのキャラクターがつかさどりながら、日常を暮している
その映像で、彼らの役割がすごく分かりやすく紹介されるんですが、
その思い出の映像が延々流されるだけで、なぜか涙腺が・・・。
小さな子供がいろんな感情を出しながら成長していく過程って、感動的なんですよ。
私、こういうの弱いんですよね。
無垢な子供が、無垢なりにも怒ったり、喜んだり、悲しんだりするだけで
ほっこりして、楽しくなって、感動する。
もう前半の序盤なんですけど、これだけで観た甲斐があったなと。

脳内では、思い出はボール状になって保管されています。
それぞれ楽しい思い出なら黄色で悲しい思い出なら青といった具合に。
彼らは楽しい思い出をためていくことがライリーの幸せだと思い、
毎日を楽しくするように働きます。
この思い出のボールに“カナシミ”がふれるとなぜかボールの色が青色に変化します。
楽しいはずの思い出が、悲しい思い出になってしまうので、“カナシミ”がハブられてしまいます。
“カナシミ”を排除することがいいことなのかどうか、これがテーマなんですね。

子供が成長していく過程で、感情も共に成長していく。
いろんなことを経験して、無邪気なだけでは生きていけない。
そんな成長の内面をうまく表現している本作は、純粋にいい作品でした。
子供たちは、この映画を観て、何を感じたんでしょうかね。

続きはネタバレ





細かい設定は、たくさんあって、やっぱり映像の中ではきちんと説明されています。
ただ、ここに書くとなると非常に長くなるので割愛しますが、簡単に書くならば、
感情をつかさどる装置があって、その装置を操作するキャラクターによって
その感情が発露する仕組み。この操作をする場所が司令室。
そして、記憶の保管庫が司令室の外に広がり、毎日生成される記憶のボールは
シューターを通して、分類されたそれぞれの保管スペースに飛んでいくんです。
“家族”“友達”“おふざけ”などなど
その保管庫にもさまざまな住人がいて、そのいたずらで急にCMソングの思い出を再生してみたりしています。
頭の中で、同じ歌が何度も流れてしばらく離れないってのは彼らの仕業なんですね。

とあるアクシデントから“ヨロコビ”と“カナシミ”がシューターに入ってしまい記憶の保管庫エリアに飛ばされます。
司令室には“イカリ”と“ムカムカ”と“ビビり”だけ。
“ヨロコビ”たちが司令室に戻らないと安定した精神が保てない。
そう、反抗期ですね。
楽しい思い出がどんどん崩壊していく。
観ていてライリーがすごく心配になってきます。
幼少期に遊んだ空想のキャラクターも出てきます。
こういうのいましたよね。自分の頭の中での友達。
11歳のライリーにとって、この友達の出番はほとんどなくなっており、すねています。
うまく頭の中を表現しています。

彼らの目的はライリーを幸せにすること。
そのために感情が作用するわけなんですが、これは精神的な防御反応なんですよね。
環境が変わった時に、精神的に自分でどう処理していくか。
自分の中でどう折り合いをつけてその場面に対処していくか。
ある種哲学的なテーマだと思います。

困難な場面に立ち向かうとき、それを怒りの対象とするのか楽しむのか。
その乗り越え方で、そのあとの新たな事件に対する対処も変わってくるはず。
結局は自分の中でどう決着をつけるかということ。

ライリーは引っ越しという11歳にしては大事件に対し、
楽しいはずの新生活に現実を突き付けられ不安に押しつぶされます。
何とか楽しくしようとするものの、楽しくなく怒りがわき出てきます。
カナシミの感情を受け入れられず、ヨロコビを感じられず・・・。
その状態で生活していく中で友達とも両親とも孤立していき、最終的には家出。
でも最後の最後には思いとどまり、カナシミを受け入れることで心に素直になり、
周りとの関係を修復していくことが出来るようになります。

思い出のボールも単色ではなく、いろんな色の混ざったボールが生成されていきます。
これが成長なのですよ。
カナシミの感情を吐露した時に、両親が抱きしめてくれた。
カナシミがヨロコビに変わる瞬間。
もうね書いているだけでもまた涙腺が・・・。

ストーリーは大したことないんだけどいい作品です。
子供の精神的な葛藤をうまく表現していて、それに周囲は気づけるはずもなく
自分で成長して乗り越えていく、その過程が大変で、その大変さが
最後に感動を呼ぶんです。
もうね、私的にずるいとしか言いようのない作品です。
子供たちともっと向き合おう。もっといろんな思い出を作ろう。
改めてそう思わせてくれる作品でした。

帰ってから、ちび姫とはしゃぎすぎて、壁に小指の爪を激突させ、
いま、右の小指の爪がはがれかけてエライことになっています。
これもいい思い出ですねw




ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

2015.08.03 Mon 06:55  |  

気にはなってた映画だけど、かなり良さそですね
自分の身の事として観るか、自分の子供の事として観るかで大きく違ってきそうです。
我が子に観せてどう思うか、、
小1には無理かなw

  • #-
  • ちょい
  • URL

2015.08.03 Mon 18:40  |  Re: タイトルなし

ちょい様
やっぱりね、子供を持つ大人目線で見ると、
涙線に来ちゃいますよ。
特に私は子供系に弱いからかも知れませんw
子供たちが見てどう思うか。
ウチのちび姫(2年生)には、単純に楽しい映画だったようです。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/2083-3e45becb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ