ガンプラパダワンT

 
06
 
このゴールデンウィーク、プしてません。
気づいてました?
どうでもいいですよね。すみません。
ホントはね、R2-D2完成させる勢いがあったんですよ。
ただね、時々頭痛と毎晩睡魔とところによって胸焼けで、体調があまり良くなかったんですよ。
それでもね、一昨日はバーベキューしましたよ。
んでもって、明日は姫セン(姫路セントラルパーク)です。
そして、今日は奥さんと映画に行ってきました。
子供の日なのにね。
ただ、やっぱり、夕方になると頭痛が襲ってきてしんどい。
これ、会社が始まるとピタッと治ったりするのでしょうか。
あぁ、今日もプできない。

ということで観てきましたバードマン
kkm103-01.jpg
正式タイトルは、
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) となっております。
もう、タイトルからしてよく分かりません。
これは流石に邦題ではなく原題の日本語訳ですね。

なぜ観たか。
それは、アカデミー賞作品だからです。
アカデミー賞受賞部門は、作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞の4部門です。
受賞ならずのノミネートは、主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・音響賞(編集)・音響賞(調整)
の5部門。
そりゃね、観に行ってみたくなるでしょう。
過去にはアカデミー賞受賞作品を何本か観ましたが、全部それほど面白くもなく
簡単に言えば、失敗続きなのですが、やっぱり観てみたい。
タイトルホルダーの実力はいかほどか。

いかほどだったか・・・失敗でした。
もう何連敗か。
観に行こうと上映スケジュールを見ても、地雷臭はあったんですよね。
役者陣はすごくいい演技をしていたと思います。
主役のマイケルキートンなんかは、初代バットマン以降パッとしないのは
正にこの役のはまり役だし、実際、演技も素晴らしかった。
エドワード・ノートンもいつもの怪演ぶり。
女優陣もよかったし・・・
ただね、脚本賞の脚本が今一つわかりにくかったというか
私には何も伝わってこなかったんですよね。

ストーリーは・・・
過去の栄光にしがみつく俳優リーガンは、再起をかけてブロードウェイで自らが
プロデュースした演劇で再起を図る。
過去の栄光とは、もう20年以上も前に主演したヒーロー映画”バードマン”で
数十億ドルを稼いだ実績であった。その後の活動は芳しくなく、輝いていた時を取り戻すべく
脚本・演出・主演を務めた演目がまさに初日を迎えようとしていた。
しかし、演劇を取り仕切るのは容易ではなく、プレビューから問題山積。
上手くいかないすべてに追い詰められていく・・・。
追い詰められた時に聞こえてくるのは過去の栄光、バードマンからの
アドバイスとも取れなくはない、ねぎらいの言葉だった・・・。

ストーリーはそんなにひねりもないのですが、
やはり、落ちぶれた俳優という主人公の設定が、
さすがに日常とかけ離れすぎていて、感情移入できなかったんですよね。

さて、続きはもう少しひどく愚痴ってみたいと思います。



しょっぱなから空中浮遊。
リーガンは超能力者であるかのような描写が多々出てきます。
最初のリハのシーンでは、気に食わない共演者の頭上へ照明を落下させ
病院送りにして降板させます。
そういう映画なのか?
と思いきや、徐々にそれはリーガンの妄想上納逃避行であることがわかってきます。
もうね、追い詰められた上に精神を病んでるんですよ。

ならばなぜ、大根役者の頭上に照明が落ちたのか。
共犯者がいたからで、だからこそ訴えられそうになったんですね。
それにしてもこの妄想がバードマンを絡めて出てくるんですが、
ここまで現実と混同すると、さすがにみている側もしんどい。
しかも妄想発動前に、謎のドラムロールが流れます。
数度、画面上にもドラマーが出てきます。
その唐突さは、できそこないのデビッド・リンチのようでもあり、
ただ、できそこないであるがゆえに、のめり込むこともできないのです。

撮影手法も変わっていて、画面にカットというか切り替えがほとんどなく
場面の移行もほとんどがカメラがなめるように進んでいくんです。
言葉にすると難しいのですが、
場面と場面の切り替わりがシームレスなんですね。
役者のアップになるときもそうだし、移動しているときもそう。
非常に新しい手法であることは間違いないのだけれど、
映画全体がぬるりとした感じというか、どろっとした感じで
余計に退屈に感じました。

落ちぶれた役者が主人公で、
演劇の舞台裏がこの映画の舞台で、
今までにない撮影手法がオスカーを射止めたのでしょうか?
私にはよく分かりませんでした。

私は基本的に映画は、できるだけ前情報を入れずに観るのが好きなんで、
ネット上のレビューや評価なんかも映画を観終わってから見るんです。
驚いたことに、結構高評価が多いんです。
ここでね、他人の評価をとやかく言うのは野暮極まりないのですが
あえて言わせてもらうと、
「本当に分かっているのか?」って感じです。
賞をとった先入観からか、そういう映画をほめることで
いかに、自分は特別であるかを、映画通であるかを誇示したいのではないかと。

アカン・・・これはただの負け惜しみですね。
こうして、この映画の良さを感じ取れる感性がうらやましい。
やっぱり、私は単純明快で勧善懲悪でハッピーエンドなおバカ映画が大好きなのです。
これは、賞をとったからこそ拡大系の映画館で上映されていますが、
それがなければ、間違いなく単館系・ミニシアター系の映画ですよ。
よほどの感受性がなければ、この映画からはメッセージ性を受け取れない
芸術作品なのだと思います。

あぁ、我ながら貧相な感性がうらめしい。





ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

2015.05.06 Wed 12:54  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2015.05.06 Wed 21:47  |  

前評判の高かった作品ですね。
役と役者の境遇がピッタリとか、
メディアがあおりまくってたんで期待してたんですが。
情報に踊ろされてるなと実感しましたw

  • #-
  • へな
  • URL

2015.05.07 Thu 08:06  |  Re: タイトルなし

へな様
この作品、私にはあまり理解できませんでしたが、
評価されている方が多いので、やはり私は
ちょっと人とずれてるのだと思います。
メディアは話題性に飛びつきますから仕方ないですが、
その中で自分に合う作品を探すのは、いつまでたっても難しいですね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/1995-1e154c5c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ