ガンプラパダワンT

 
27
 
急に涼しくなりましたね。
ビックリしました。
こう寒暖の差が激しいと体調を崩し・・・
おっと、今は禁句です。
モデスポまでがんばらねば。
といいつつ、今日は緊急映画部。
上映終わりが23:00で帰ってきて、落ち着いたらこの時間。
GP01進めなきゃと思いつつも、今日は映画記事です。

ということで観てきました、エリジウム。
kkm77-01.jpg
予告編からして非常に面白そうだったんですよ。
本当はマン・オブ・スティールも観たかったんですが、時すでに遅し。
さらにはウルヴァリンなんかも興味津々なんですが、
激しく漂う地雷秀に・・・。

ストーリーは、
そう遠くない未来の地球は、環境汚染が進み人口が増えすぎ、
貧困層の人間は地球に、超富裕層の人間は快適なスペースコロニー“エリジウム”で暮らしている。
エリジウムでは、富裕層が優雅に暮らし、どんな病気も治せる医療ポッドが普及しており、
病気とは無縁の暮らしを送っている。
地球では、木々も枯れ果てどこもかしこも貧民で溢れ、
エリジウムの暮らしを支える産業ぐらいしか仕事がない上に、その仕事にすらなかなか就けない。
工場務めのマックス(マット・デイモン)は、
幼馴染との約束(いつかエリジウムに連れて行く)を果たすため、過去の犯罪から足を洗い
高額なチケットを入手するため地道に働いていた。
人を人とも思われない労働環境の中、機械トラブルで致死量の照射線を浴びてしまい、余命5日。
今死ぬと約束が果たせなくなる。
死なないためにはエリジウムの医療ポッドを使うしかない。
高額なチケットと引き換えにマックスは自身の体をパワードスーツを融合させ、
エリジウムの有力者の脳のデータを入手する。
入手したデータは、地球では解析不能だが、それはエリジウムの根底を揺るがすものだった・・・。

スイマセン。
ストーリー長すぎましたね。
荒廃した地球の表現は非常に素晴らしく、さすがは第9地区の監督だなと。
枯れ果てた大地に舞う砂塵。
その中で治安をつかさどるドロイド。
そして、そんな中で使用される電子機器。
見たことのない風景にただならぬリアル感をかもし出しています。

ストーリーはさほどひねりもなく、要所にアクションを入れつつ
最後まで退屈しないエンタテイメント作品でしたが、ただそれだけ。
いや、普通に面白いとは思うのですが、普通のハリウッド作品です。
断じて面白くないというわけではないのですが、
第9地区の監督の作品としては、製作サイドに負けたのか、色気づいてしまったのか、
なんとも普通の作品になってしまったところが残念でした。
もっと対象年齢を上げてもよかったんじゃないですかねぇ。

絵やギミックとしては見所満載なのが惜しいです。
見所といえば、ジョディ・フォスター。
もう、結構なお年のはずなのに美しいです。
今回は悪の総統的な役なのですが、素晴らしいです。
精悍で冷酷で策士。
まだまだ健在です。
純真な主人公よりもこういった役柄の方が輝いて見えますね。

今回は、第9地区の監督、マット・デイモン、ジョディ・フォスターの
3連コンボで観にいったようなものです。
マット・デイモンはいい役者ではあるのですが、本作では
その魅力を出し切れていない感じがしました。
ま、ジョディが良かったからね。
だから、いいのよ。

続きはネタバレ





マット・デイモン。
グッド・ウィル・ハンティングやオーシャンズ11の時は、ただのアメリカの腕白坊主的だったんですが
ボーンシリーズから開花(私的にね)。
きれのあるアクションと、憂いのある表情、その中に光る知性。
日本人からすると、決してハンサムではないと思うんですが、非常に魅力的。
今の私の旬な俳優は、ヒュー・ジャックマンとマット・デイモンです。
なのに、今回は基本設定として被爆者で余命5日の身とあって、
追い立てられるように目的のために行動しているさまに、あまり知性を感じませんでした。
パワードスーツを装着しているから、超人的な身のこなしができるというのは
設定上理解しているのですが、たまに苦しんだりするのを見ると、
どっちやねん的なツッコミを入れたくなります。

大筋のストーリーとしては問題ないのですが、細かいところで気になっちゃうところが・・・。
あまり細かいことを拾っても仕方ないのですが、どうしても疑問なのは、
序盤で手術により神経細胞と融合させられるパワードスーツなんですが、
これ、体に直接ボルト止めしたりしてつけるんですよね。
服の上から。
せめて、服は脱がしてやれよと。
この先、ずっと同じ服着たままになっちゃうじゃんか。
はげだから頭をゴシゴシ洗わないでもいいのかもしれないけれど、
さすがに同じ服を着続けるのは、気が効かなさ過ぎじゃないの?

そして、決定的にダメだったのは敵役の俳優さん。
キャラクターが80年代の性格なんですよね。
基本、チンピラです。
なのに、ジョディに逆らって王様になろうとする。
ここには知性というよりは、そこらのヤンキーにしか見えません。
彼は南アフリカの俳優さんなのでヤンキーではないですが・・・。

舞台装置は面白いのですが、登場人物のキャラクターがたっていないのが
本当に残念。勿体無い。
脚本が悪いのか、監督が悪いのか定かではありませんが、
この監督さんには、第9地区の路線を極めて欲しかった。
ちょっと観客にこびるためにアクションいれてんじゃないのって感じさせちゃったらダメですよね。
そのアクションも見せ方自体は上手いのに、
それぞれのアクションシーンの幕切れが上手くない。
ラストバトルの結末も引っ張ったわりにはあっさりだし。
なんとも、いろんなところで勿体無いの連続でしたね。
いや、面白くないわけではないんですよ。
それなりに面白かったんですよ。
ただ勿体無いと。

そして、予告編で観たシーンがすべての見所のメドレーで、
それも関係しているのかもしれません。
これも勿体無い。
たまにあるんですよね、予告編が本編の全てだって時。
これは日本の配給会社にも責任がありますよ。
観たくさせなきゃいけないけど、全部魅せちゃったら意味ないだろうって。

ちょっと期待値が高かったのかもしれません。
いや、それなりに面白かったんですよ。
それだけは誤解のないように。
(って無理か?)




ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tshobby2009.blog91.fc2.com/tb.php/1465-678f0184
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ