ガンプラパダワンT

 
19
 
どうしても仕事に身が入らない時ってありませんか?
そんなこと言ってられないよ!って方もたくさんいらっしゃるでしょう。
私のように、身が入らないって状況に慣れるだけで幸せなのかもしれません。
性格的に、思いっきり忙しくても、テンション・モチベーション上がらない時は
上がらないんでしょうけど。

そんななので、急遽映画観てきました。
kkm166-01.jpg
パシフィック・リム アップライジング です。

18:00前には事務所を出て、梅田に向かい、最速で見られるのを選択。
梅田ステーションシティシネマの18:50の会。
吹き替えでしたが、豪華声優陣だったのでそれもOK。
それに、この映画館のポイントかなりたまっているから
タダで観賞できるだろうと思っていたんですが、
ここのポイント、観賞券にはならないんですね。
飲み物かポップコーン。
kkm166-02.jpg
他の映画館では6回で1回観られるぐらいの割合なのに・・・。
映画館でポップコーン食べたの久しぶりです。

さて本題。
前作から10年後の世界を描くパシフィック・リムの続編。
一度は企画自体が無くなったはず。
それがこうして公開にこぎつけたことこそがアップライジング。
巨大ロボットと巨大怪獣のハリウッドの本気CGで観られるってんだから
仕事のテンション低くても、パシリムテンションは上がりますよね。

で、観賞の結果ですが・・・
あんまりでしたね。
せっかくの新しいイエーガーも活躍の場面が少なく
怪獣の活躍(?)も少ない。
多分前作も今回と同じぐらいのイエーガー露出だと思うのですが
そう思うのは、それぞれのシーンの薄さなんでしょうね。

前作は良くも悪くも第1作であったため、
その登場シーンや操縦方法やロケットパンチなど
日本のロボットアニメへのリスペクトが随所に見られて
それに一喜一憂しながら最後まで楽しめた印象があります。
今作は、そのあたりが希薄だったんですよ。

ストーリーとしてひねりもなく単純なものですし、
こういった類の映画によくある“ご都合主義”全開なのですが
だから、どうこう言うのは私の趣味ではありません。
ただ、全般的に薄っぺらい感じがずっとあったので
乗るに乗りきれなかったんですよ。

主人公は父親と自分の違いに絶望してぐれてるはずなのに、
何故か基地に誘われて、気が付いたら熱血になっている。
もうちょっとその過程がわかり易ければいいのに。
訓練生のパイロットたちも、急にイエーガーの操縦ができてしまったりするし
もうちょっと登場人物を丁寧に見せてほしかった。
だからと言ってイエーガーに重点が偏り過ぎてるわけでもないんだから。

第3作は危ないんじゃないかな。
一旦没になった脚本はこれなのか、もっとひどかったのか気になります。
今作は監督からも脚本からもギレルモ・デル・トロの名前が無くなってますからね。

こんな調子でネタばれに進むのは怖いですが、
続きはネタばれです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
29
 
今日の外出の約束は13:00。
なので、早めに出て、近くのショッピングモールのフードコートでランチ。
食べ終わって車に戻ろうとしたとき、カバンを忘れていることに気づきダッシュで戻る。
椅子に置いてました。置いたままでした。良かった。
いつもは鞄は車に置いてたのに、今日はなぜか持ってたので
満腹になって忘れてしまいました。
席取りに思われたんでしょうね。
助かった。
取られてたら、始末書ものでした。

さて、本日は、先週の日曜日にクニオさんと観た映画の感想記事です。
見る時間を想定して、予約したのがなんばのTOHOシネマズ。
クニオさんも私もシネマイレージカードを持っていたのでポイント加算。
クニオさんがサクッとイケたので、私もってところで、まさかの期限切れ。
シネマイレージカードは1年間が有効期限で、年会費300円かかるんですね。
知りませんでした。
ちょうど隣で店員さんがいたので、更新してもらいました。
6本観ると1本無料。
今、何ポイントたまっているんだろう・・・。

ということで、映画の感想です。
kkm165-01.jpg
トゥームレイダー ファースト・ミッションを観てきました。
ヒロインの女優さんがきれいで気になっていたんですよ。
もう、クニオさんの希望なんて関係なく選んでしまいました。

前日の夜、予約するときにスクリーンの小ささが気になっていました。
その予感的中。
3/21公開にもかかわらず、このスクリーンの小ささ。
ま、他にも話題作があったんでしょうけどね。

トゥームレイダーは2001年と2003年にアンジェリーナ・ジョリー主演で公開されています。
この作品は、同名のゲームタイトルが原作です。
アンジェリーナ・ジョリーはこのゲームの主人公の雰囲気にピッタリとはまっていた印象でした。
ま、そのゲームやったことないんですけどね。
そのゲームはトレジャーハントが目的のアクションゲームです。
顔の雰囲気も似てるし、アクションもガッツリでいい感じでした。

今作は、かなり美形です。
アリシア・ヴィキャンデルという女優さんなのですが、キレイでした。
ここは期待通り。
ただ、キャラクターとしてのララ・クロフトは、前のイメージが強すぎて
ちょっと物足りない感じでした。

もっと強くて、もっとわがままで、もっと勇敢なイメージ。
まんま、アンジェリーナ・ジョリーのララ・クロフトを引きずっています。
映画としては、女主人公版のインディー・ジョーンズ。
しかもレイダースとか失われたアークとかの雰囲気。
今にしてみると、ちょっと古い感じがします。

ただ、ヒロインがかわいいのでずっと見てられる感じでした。
でも春休み映画としては少し役不足な感じ。
ファーストミッションってサブタイトルだから、シリーズ展開を見込んでいるんでしょうが
ちょっと危ういですね。

続きはネタバレ。
web拍手 by FC2
 
28
 
幸か不幸か、このレビュー記事書くまでにかなり空きましたね。
ネタがあったので、そちら優先。
先週の水曜日、春分の日に観てきました。
kkm164-01.jpg
リメンバー・ミー です。
ディズニー・ピクサーのCGアニメです。

本編公開前にアナと雪の女王の続編、“家族の思い出”が。
アナ雪人気ですもんね。
私的にはどうでもいい感じなんだけど、
あね姫は泣いたって。
男にはわからんわ。

で、本編。
主人公、ミゲルは音楽が大好きだけど、ミゲルの家族は代々音楽を禁止している。
というのも、ひいひいおじいちゃんが家族を捨てたミュージシャンであったため、
音楽は家族のためにならないと決められているのである。
ミゲルは自分の部屋でこっそりと音楽を嗜み、ミュージシャンを目指している。
死者の日(お祭り)に音楽コンテストに出ようと自分のギターを持って出かけようとするが
おばあちゃんに見つかり、ギターを壊されてしまう。
失意の中、コンテスト会場に出向き、出場を懇願するも自分の楽器がないために出場できない。
会場墓地の真ん中に、伝説のミュージシャンの墓があり、そこには彼のギターが。
これを借りてコンテストに出場しようと、手にしたとき、ミゲルは死者の世界に迷い込んでしまう。
元の世界に戻るには家族の許しが必要だが、その条件は音楽をやめること。
音楽を辞めずに元の世界に戻るには・・・。

ストーリーを描くと長くなっちゃうのですが、非常に分かりやすいストーリー。
王道のストーリーです。
この映画、それほど観たいと思っていなかったんですが、家族4人で映画だってことで
半ば、イベントとして観たんですが、良かった。
泣ける!
これぞディズニーの真骨頂とも言わんばかりの素晴らしさ。

舞台はメキシコ。
そして、今日は死者の日。
もうね、あまりにも遠い世界でピンとこなかったんですが、
日本でいうところのお盆ですね。
死者=祖先を祀るイベントです。

死者の国の描き方も素晴らしいです。
最初は骸骨だらけの死者の国はとんでもワールドだなと思っていたんですが、
そこの社会の仕組み、特に死者の日にどのようにして死者が現世に帰ってくるかという設定がいい。
家に写真(遺影)が飾られていることが条件で、そうでなければ
現世への橋が渡れないですね。
映画を観終わった後、仏壇の写真の、そして亡くなった親類の写真の意味が
すごくいい感じに入ってきました。

ミュージシャンを目指したいミゲル。
音楽を排除しようとする家族。
この家族も、ミゲルが憎いわけではなく、家族としてミゲルを愛しているのがいい。
それは死者の国の祖先も同じ。
ミゲルがミュージシャンを目指し続けて、元の世界へ戻ろうと
必死になっている中でストーリーが展開され、
新たな事実が判明していく。
そして最後には、ミゲルは音楽よりも家族をとるんだけど、
音楽を含めてミゲルを許す祖先たち。
素晴らしい。
上手く書けないけど、終盤は泣きどころ多数です。

娘たちと私のなきポイントは違いましたが、総じていいお話。
見た目の雰囲気で敬遠しているなら、先入観をなくして観るべきです。
春休みのいい思い出になります。

続きはネタバレ。
web拍手 by FC2
 
08
 
今朝は冷えましたね~。
やっぱり寒くなるんですね。
でも、帰るころはちょっとましでしたね。
もう日が変わってましたけど。
てことは、明日は暖かい?

さて、日曜日2本目の映画です。
kkm163-01.jpg
15時17分、パリ行き です。
クリントイーストウッドの監督作品で、実話をもとにしたドキュメンタリー・・・なのか?

映画の題名に時間が入っているので、会話がしにくい。
10:30から15時17分、パリ行き。
一旦何時なんだと。

これは、奥さんがネットか何かで
「犯人以外はすべて本人」という意味の分からないキャッチフレーズが
頭から離れなかったために、観てみようとなったのがきっかけでした。
私個人的には、あまりクリント・イーストウッドの作品は好きではないんですよね。
バカな私は、演出が派手で頭からっぽで観れる映画が好きなんですけど
彼の映画は、おとなしくて、観終わった後も何かを考えさせたそうなものばかり。
役者時代は私の好きそうなのに結構出てたのに、その反動なのでしょうか。
それにしても、いい監督なんでしょうか?
妙に周りが持ち上げてるだけで、日本の芸能界でいうと、マチアキみたいな存在じゃないの?

そんな感じなのに、肝心の奥さんはいなくて、私一人で観てきました。
チケット買っちゃってたしね。

で、感想としては、「おもしろくない」です。
実話ではあるのですが、その話を知らない状態で見ました。
結構最近の話なんですね。
2015年8月のお話。
これがもう映画になってるっていうんだから、相当にドラマチックな話なんだろうと。

ドラマチックでハラハラなドキュメンタリー映画だと思っていたんですが肩すかし。
主人公3人の成長物語。
小学生時代から追いかけて、事件が起こって解決するまでを
淡々と映像化した感じ。
肝心の列車内でのテロリストの制圧も、テロリストが単独犯であったため
結構あっさり終わってしまいます。

そりゃ、おびえて誰も動けなかったら大惨事になっていたことは確かで
それを偶然乗り合わせた3人が制圧したのは見事だし、立派ですが、
これは映画にするほどの何かがあったのか理解できません。
特に、この3人の子供時代からの映像を観ていれば
2人は軍属だし、ええ体してるし、テロリスト一人相手なら
やってしまえるよねという、安心感さえありました。
映画という媒体だからこそ、余計にそう感じちゃうんですよね。
もっと違う語り方があったのではないかとさえ思います。

続きはネタバレです。
というか、かなり批判しています。
そういうの嫌いな人は読まないでね。
前にそんなこと書くなって怒られたことあるんですけど、
これもまた、私の個人的な感想ですからね。
web拍手 by FC2
 
07
 
今日はちょっと気温が下がりましたね。
前日、ガスファンヒーターを無駄に使うあね姫を叱り、
売り言葉に買い言葉で、ガスファンヒーターを片付けました。
だってね、あったらつけてしまうなんて、責任転嫁するもんですから、腹が立ってね。
でも、今日の気温だと、つけたくなるだろうけど、もう片付けたからね。
変な言い訳をしたことを後悔するがいい。
とにかく言い訳が多くて、腹が立つんですよ。
素直に謝ればいいものを。

ということで、今日は映画の感想です。
kkm162-01.jpg
日曜日の1本目、ブラックパンサーです。
予告やその前情報から結構おもしろそうだと思っていたんです。
ただ、最初はグレイテスト・ショーマンの予定だったので、
後日、1人で観に行こうかと思っていたんですが
(結果的に一人で観たんですが)
券売所で並んでいるときに奥さんが観たいと言ったので、渡りに船。

でもね、ブラックパンサー自体あんまり知らないんですよね。
前のシビル・ウォーで急に出てきた地味キャラ。
でも、アベンジャーズだし、わざわざ出したってことはそれなりの見せ場がこの後出て来るってことでしょうから
予習しておくのもいいかなと。

最初の印象は、
黒いタイツに身を包んだ、運動神経のいい王子、ってぐらいでした。
あとは、キャプテンアメリカの無敵の盾の材料:ヴィブラニウムの原産国の王子ってぐらい。
ちょっと話はそれますが、ヴィブラニウムって、字面ではビブラニウムって読みますよね。
でも、劇中の発音だと、バイブラニウムって感じ。
こう字幕はかけないもんですかね。
出てくるたびに気になって仕方ない。

さてさて、感想ですが、
普通に面白いって感じでした。
ちょっと自分の中でハードルあげちゃった感があります。
アベンジャーズキャラがゲストで出てくるかと思ったんですが
それもなくて、シンプルにブラックパンサーだけの映画でした。
やっぱり地味でしたね。キャラ的には。

ストーリーはわかりやすい。
映像もごちゃごちゃしているようでわかりやすい。
お手本のようなマーベル映画だと思いました。
ただ、優等生すぎて、特別面白いって感じではなく、普通に面白いってレベルでした。
今回、お付の女戦士が結構活躍しましたし、
いろんなガジェットも出てきました。恋人もね。
この後のインフィニティ・ウォーでどの程度いきてくるのか楽しみですね。
ただ、すごく登場人物が多そうなので、埋もれちゃいそう。

続きはネタバレです。
web拍手 by FC2

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ