FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
29
 
遂に昨晩、毛布を出しました。
もう寒くて我慢できなかったんです。
最近はいびきがうるさいと、夜中にちび姫に起こされるので
私だけ暖房のない部屋で寝ていたんですが、もう限界でした。
いくらマンションで、上下に部屋があって、戸建てよりは暖かいといっても限界でした。
暖房がないといっても、エアコンはあるんです。
ただ、起きた時の乾燥が嫌なんですよね。
みんなの寝ている部屋はガスファンヒーターがあるんです。
これは、乾燥しないですからいいですよね。

さて、今日は、昨日観てきた映画の後半戦です。
私は、監督名でついつい映画を見てしまう人が二人います。
一人はディビッド・リンチ、そしてもう一人はM・ナイト・シャマラン。
今回はM・ナイト・シャマラン監督のミスターガラス。
kkm184-01.jpg
画像がいつもと違います。
ホームページから拝借してきました。
だってね、パンフレットがもともとないっていうんですから。
これ、前に見たUFO-侵略-以来ですよ。
そして、TOHOシネマズで上映しているものの、シアターが超せまい。
これは嫌な予感しかしません。

M・ナイト・シャマランの映画は
1999:シックス・センス
2001:アンブレイカブル
2003:サイン
この後はたくさん出ていたのですが、気になりつつも結局観ていません。
監督の名前で見ると言いながら、調べてみたら初期の3本だけでしたね。

シックス・センス以降映画界は“衝撃のラスト”ブーム。
そのブームの発祥がこの作品。
いや、ホント面白かった。
そして、アンブレイカブルはストーリーはほとんど覚えていないものの、
劇中でのサミュエル・L・ジャクソンの杖をつきながら階段を
駆け下りるシーンの恐怖は鮮明に焼き付いています。
映画としてはどうなのか。
そして、サイン。
私の中で3本の指に入るトンでも映画。
興味がある人は観てみてください。

そして、今作。
なぜか、すごく気になったんですよね。
前情報としては、まさかのアンブレイカブルの続編ということ。
もう少し調べてみると、2年前に公開された“スプリット”が続編で、今作が完結編。
後で内容に触れますが、シャマラン版のMCU(M・ナイト・シャマラン・Cinetic・Universe)
もうね、上にも書いてますが、約20年前の記憶に残らない映画の完結編を
こんなタイミングでやるとは。
しかも、自費制作?
自宅を抵当に入れてまで資金をねん出したというんだから、相当なこだわり。
どんどんダメになっていった感のあるシャマランの起死回生になるか!と思い鑑賞。
“SPRIT”自体、全然知りませんでしたが。

これ、本当は次の映画の日で観ようと思っていたんですが、まさかの奥さんからの提案だったので
さくっと乗っかりました。
そして、さくっと前作の解説。
アンブレイカブル
 フィラデルフィアの列車事故で唯一無傷で生き残った男ディビッド(ブルース・ウィリス)。
 彼は、怪力の持ち主であり、他人に触れることでその人の過去を見ることができる能力者。
 この事故でその能力を発現する。その能力を意図的に発現させたのは、イライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)。
 この事実を知り、デイビッドはイライジャを精神病院送りにする。
スプリット
 23人の人格を持ったケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)は、女子高生3人を拉致監禁する。
 脱出を試みる女子高生が最後に遭遇したのは、半人半獣の“ビースト”という24番目の人格。
 ケイシー(女子高生の一人)だけが脱出に成功するが、ケヴィンは健在のまま・・・

上記で出てきた超人(スーパーヒーロー?)があいまみえるのが今作です。
題名のミスターガラスは、イライジャのこと。
イライジャの能力は、スーパー頭脳。
ただ、骨が異常にもろく、ちょっとしたことで骨折をしてしまう。
これまでに骨折した回数は94回。
確か前作でもアメコミを何度も話題にしていたような・・・。

長くなってきたので、続きは後半で。
ネタバレも含みます。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
28
 
今日も結構寒かったですね。
昨日も寒かったし、いよいよ冬本番といった感じですね。
今年はインフルエンザが大流行。
過去にないぐらいの感染だとか。
それでも私は未だにインフル知らず。
天然の耐性があるんでしょうね。
幸せなことです。

さて、今日は奥さんと映画。
それも2本立て。
本日はその1本目の感想記事です。
kkm183-01.jpg
ボヘミアン・ラプソディ 観てきました。
奥さんは2度目です。

奥さんはえらく気に入っていて、2回目でも観たいとのことで
私もこれだけヒットしていて、これだけ奥さんがいいっていうのならちょっと観てみたいなと。
この作品、あえて説明はいらないと思いますが、少しだけ。

この映画は、イギリスのロックバンド、クイーンのリード・ボーカル“フレディ・マーキュリー”に
焦点を絞った基本的には実話をもとにしたエンタテイメント作品。
少し話それますが、最近、エンタテイメントをエンタテイメントて言ったりしますよね。
これすごく座りがよくないと思いませんか?なんでなんでしょうね。
さて、戻ります。
クイーンのメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーらの視点からの物語です。
ですので、フレディ本人がこの作品を見てどう思うかはわかりませんが、
それなりに事実に沿った物語だと思います。

クイーンは相当に有名なバンドではありますが、
当時の私はあまり音楽に興味がなく、今もそうですが
名前と曲を知っているぐらい。
45歳でエイズで亡くなったことも知らないほどのにわかです。
全然新しい人物をボーカルに加えて新生クイーンを結成したってニュースを見たときには
ボーカルが変わるってそれ、もう、原型ないんじゃないの?って思ったぐらいに知りませんでした。

そんな私がこの作品を見て、どう感じるか。
自分的にも興味津々でした。
結果、クイーン好きになりました
アルバムが欲しいなというぐらいには好きになりました。
それは、フレディ・マーキュリーという人物に心酔したからではなく、
改めて聴くクイーンの楽曲の迫力に圧倒されたからです。
いつかどこかで聞いたことのある曲が、いろんな場面で流され、
その歌詞の和訳が表示され、その圧倒的な声量にKOされました。
すごいバンドですね。

昔、ボン・ジョヴィのコンサートに行ったことがありますが、
そこまではまりませんでした。
当時付き合っていた彼女に連れられて行ったんですが、先入観で“嫌い”だったんですよね。
おそらく、今はそれほどでもないのですが、当時の高校生って、運動部かバンドって感じで
バンドやってるやつはもれなくボン・ジョヴィが大好きで、
ボン・ジョヴィと奥田民生の話さえしていれば、いっぱしのバンドマンだっていう空気が大嫌いだったんですよね。
しかも、洋楽は邦楽なんか足元にも及ばないとうそぶく感じが大嫌い。
たかだか高校生が何いきがってるんだと。
お前はその足元にも及ばない邦楽ミュージシャンの足元にも及ばないだろうと。

ただ、クイーンはまだその世代よりも前の世代であり、
私自身、ほとんど知らないわけで、
ちょっとゲイっぽいボーカルの、独特な楽曲のバンドだって程度にしか知らないのが
逆に良かったのかもしれません。
映画が終わった後は、無意識にクイーンの歌を口ずさんでいました。
当然英語の歌詞が覚えられるわけではないので、鼻歌程度ですが。
リピーターが多いのは、私的には少しよくわかりませんが、
クイーンを知るためには素晴らしい映画だと思いました。

続きはネタバレ
web拍手 by FC2
 
02
 
元旦ですね。
昨晩からウチのご飯はおでん。
せっかくの大みそかなので、家族が好きなごはん、奥さんが何もしなくていいようにと
おでんを作ろうとしたんですが、おでんの具材があまり売ってないんですよね。
かまぼこに場所をとられて。
それでも何とか作ったおでん。
今晩もおでん。
さすがに飽きてきました。

さて、本日は恒例の映画。
昨年から家族で行くようになった映画です。
今日は
kkm182-01.jpg
シュガー・ラッシュ オンライン です。

2012年に前作が公開され、2013年にあね姫と観に行きました。
ちび姫が内容を覚えていないのはもちろん、観ていないからだったんですね。
前日に前作を復習しました。
基本的に好きな映画なので、私的には全く問題ないのですが
奥さん的には、あまり納得できなかったみたい。
結局ラルフがほかのキャラクターを見返すことができず、
ほかのキャラクターもラルフがかえってきたことは、自分にとって良かったこととして喜んでいる
そんな部分が何とももやもやしたそうです。
私のようにサラリーマンとして組織で働く人間と、奥さんのように
看護師として腕で生きていく世界では感じ方が違うのかもしれませんね。

さて、前置きが長くなりました。
今作、観るならやっぱり前作を観たほうがいいです。
映画としてストーリーは楽しめますが、主人公二人の関係性や
脇役たちのバックグラウンドなどは、知っておいたほうがより楽しめます。
特に、ゲームがゲームセンターで廃棄になった時の状況や、
主人公の元のゲームや、ゲームセンター終了後のゲームキャラ同士の交流方法など。
実際にはあり得ない世界観ですから、前作で予習しておいたほうが
すんなりと今作の世界観にも入り込めると思います。

さて、今回の見どころはテレビCFなどでは、
ディズニープリンセスの集合がすごくもてはやされていますが、
これはあくまでも映画の中でのワンシーン。
ヴァネロぺも前作で一応ディズニープリンセスの仲間入りを果たした感じ
ではありますが、そこはさして重要ではありません。
それは、前作の宣伝時の「いろんなゲームの悪役大集合」的な、詐欺的な
宣伝方法に似通っています。
どうして、こう単純に人を集められそうでいて、本筋とあまり関係のない要素を
ガツンと前面に押し出すんでしょうか。
いい映画が台無しになってしまいます。

今作の見どころは、
 ラルフ:アナログ人間(新しいものへのアレルギーが出やすい)・ヴァネロぺの親友兼保護者
 ヴァネロぺ:デジタル人間(新しいものへの理解が早い)・ラルフの親友
と、それぞれの立場が明確に設定されたうえでの関係性の昇華が描かれます。
前作は、自分自身の役割にどのようにして向き合うかを描いた
実は大人へ向けたメッセージだと読み取った私が今回感じたのは、
他人をコントロールすることはできないという、人間関係における
根幹の部分を描いているということ。

今年、あね姫が受験です。
次は大学生。
受験校を決めないといけないのですが、あまり親の言うことを聞きません。
それほど信念を持っているようにも思えないのですが、
自分で決めたいようです。
親としては、これまでの人生経験から、妥当であろう道を提示するのですが
全く興味を持ちません。
ここで無理やりその道にはめようとしても反発を生むだけで、本人にとっても
結局は、自分で決めなかったことに対する言い訳がずっとできてしまうので、
本人に決定権をゆだねています。

そんな、自分ではない誰かが、
特に自分の執着心の強い誰かが、
自分の意志と反した行動をしようとしているとき、
自分はどうするべきなのか。
なんとも、タイムリーなテーマに思えました。

ちょっと文字にすると重くなってしましたが、映画としては冒険ものの
楽しいアクションアニメ映画です。
純粋に面白い。
前作と比べると少し軽い感じになっていますが、
映画としては純粋に面白い。
観て損はありません。
おすすめです。

では、続きはネタバレです。
web拍手 by FC2
 
29
 
今日はお仕事最終日。
今の社長になってからは、最終日に社長と飲みに行くのがお約束となっています。
今日もそんな感じで飲みに行ったら、大阪の営業のみと合流。
そして、そのお店が20:00から予約が入ってるってんで、
久しぶりに社長行きつけのスナックに。
ママさん:久しぶり~。本物やわ。よく名前は聞いてたけど~。
って、どんな話題で出てきていたのか。
いないときに名前が出るって、あんまりいい感じしないんだけどなぁ。

さて、あと2日で平成30年も終わりとなります。
去年までだと、明日は年末のゴルフだったのですが、どうにか断れました。
なんとなく断る術も覚えてきました。
去年は年回11回だったのに対して、今年は5回。
約半分になりました。
なので映画館に行く回数も増えましたね。
ゴルフに行くとなると、その2週間前から練習するので必然的に映画館に行く回数も減ってました。

去年は映画10本とイベント上映3本で13回映画館に行きました。
今年は映画20本とイベント上映1本で21回視聴しました。
1日だけ、2本立てがありましたからね。
まぁまぁ観ましたが、それほど記憶に残っているのが少ないというのはさびしいです。
映画記事読み返しながら、今年のランキングを作ってみました。

第1位カメラを止めるな!(2018,08,09観賞)
今年の一番記憶に残った作品です。
ミーハーですね。
でも面白かったから仕方ない。
絶妙の設定が、実は盗作だとかなんとか話題になってしまったのは残念ですが、
ここまで面白い作品に仕上げたのは、監督の手腕でしょう。
次が期待されるけど、難しいでしょうね。
邦画がNo.1だなんて、超珍しいことです。

第2位レディ・プレイヤー1(2018,04,29観賞)
これも納得の作品。
お祭り作品の決定版ですね。
近年、ゲームを題材にした映画が出てきますが、このまとまりは素晴らしい。
ゲームを題材にして、ゲームっぽさのある映画のオールスター。
さすがスピルバーグですね。
観ていて飽きません。

第3位ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018,06,29観賞)
3位は、自分的にひいき目が入ってますね。
だって、スター・ウォーズなんだもん。
興味深い作品ではあるのですが、ちょっと・・・。
やっぱり、メインキャラクターが私的にはまってなかったのがツライ。
チューバッカとソロの馴れ初めがあっさりしすぎていて、なぜにあんなに信頼関係を
築いたのかが納得できませんでした。
もうちょっと、似た俳優で、もうちょっと掘り下げてほしかった。

4位以下はこんな感じ
第4位 リメンバー・ミー(2018,03,27観賞)
リメンバー・ミーは、全く期待していなかった分、かなりおもしろかったんです。
お彼岸のお墓参りの意味をうまく昇華させていて、ご先祖様とのつながりの大事さを
うまく伝えてくれていました。
そして、伝聞だけではわからない家族の愛情を知り、乗り越えていく姿は感動ものです。
地味な作品かもしれませんが、かなりお勧めです。

第5位ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018,07,21観賞)
これぞ映画の醍醐味!としか表現できない作品でした。
やっぱり、映画は非日常を味わえないとね。
恐竜が出てくるだけで興奮します。
40も半ばですが、男はいつまでも少年なのです。

第6位機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)(2018,11,30観賞)
少年だからこそ、今でもガンダムなのですよね。
キャラクターデザインがいまいちだったのが残念なのですが、
おはなしは映画としてみると面白い。
ただ、ニュータイプの解釈がこれまでと大きく変わったように感じてしまいます。
この先の作品で、うまくVにつなげられるか心配です。

第7位ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018,09,01観賞)
安定のナンバリングタイトルです。
いつまでトムはこれ続けるんでしょうかね。
かなりのお歳になってきているように感じますが・・・。
面白ければ、主役がじじいでも全然オーケーです!

第8位アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018,05,06観賞)
もう、壮大になりすぎてよくわからなくなってきました。
ま、間の単独作品をいくつか見逃しているせいもあるんでしょうけどね。
ドクター・ストレンジが思いの外かっこよかった。
ただ、最後がね・・・。
どんな方法でもいいから、大団円でシリーズを終えてほしいです。

第9位キングスマン ゴールデン・サークル(2018,2,15観賞)
第一作は本当に面白かったんですけどね。
かなりトーン・ダウンしてしまいましたね。
これは、キック・アスと同じパターンです。
落差はそこまででもなかったんですが。
次、あるのかなぁ・・・。

第10位ランペイジ 巨獣大乱闘(2018,06,01観賞)
やっぱり、上位は拡大系の作品が多いですね。
こちらは、確信犯のB級テイスト。
それがよかった。
もとは昔のゲームなんですが、そんな雰囲気を感じられて、なかなか。
滑り込みトップ10です。

では、11位以下
第11位ブラックパンサー(2018,03,06観賞)
第12位ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル(2018,04,29観賞)
第13位アントマン&ワスプ(2018,10,01観賞)
第14位メイズ・ランナー 最後の迷宮(2018,07,05観賞)
第15位オーシャンズ8(2018,08,14観賞)
第16位15時17分、パリ行き(2018,03,06観賞)
第17位トゥームレイダー ファースト・ミッション(2018,03,28観賞)
第18位パシフィック・リム アップライジング(2018,04,18観賞)
第19位デッドプール2(2018,06,25観賞)
こんな結果になりました。
デッド・プール2は映画館で久々に寝てしまいました。
評価はそれなりに高かったように思うのですが・・・。
わざわざKCFを抜けて観に行ったのに残念。
そして、残念と言えば、せっかくクニオさんが大阪に帰ってきていたのに
一緒に観に行ったのがトゥーム・レイダー。
女優さんがきれいだったので期待していたんですが、すみませんでした。

番外編として、
イベント上映機動戦士ガンダム THE ORIGINⅥ 誕生 赤い彗星(2018,05,06観賞)
2回目視聴スターウォーズEP.8 最後のジェダイ(2018,01,01観賞)
という結果でした。
ガンダムオリジンは奥さんと完走です。面白かった。
そして、去年の元旦映画は家族で吹替え版のEP.8。
今年は、ちび姫を連れて行きませんでしたが、来年はシリーズ完結のEP.9です。
今から楽しみですが、最近の盛り上がらなさがちょっと心配です。

こうしてあげてみると、結構観ましたよね。
まぁまぁの実績。
それでも見たい作品をいくつか逃してます。
映画はいいですよね。
映画館で観るのがいい。
来年もたくさん観られたらいいなぁ。

参考までに、以前のランキング記事へのリンクを貼っておきます。
2017年映画ランキング
2016年映画ランキング
2015年映画ランキング
2014年映画ランキング
2013年映画ランキング
2012年映画ランキング






ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
01
 
1週間終わりましたね。
今週は非常に長かったように思います。
資料作りの仕事がつらくて・・・。
エクセルの票を見続けて、何度舟をこいだことか。
それもやっと終わりました。

特に今日は、早く終わってほしかった。
というのも
kkm180-01.jpg
これを観るって決めてましたからね。
機動戦士ガンダムNT。
公開初日です。
めずらしい。

さっそく感想ですが、
「なんかようわからんけどおもろかった」
てな感じです。
原作読んでいる方は、理解が進むんでしょうけど
今回も全く前情報なしで挑みましたので、なかなかついていくのがやっと。
映像で見たりかいと、活字で読む理解がどう違っているのかは気になるところです。

今回のお話は、基本はユニコーンガンダムから1年後のタイミング。
原作は“不死鳥狩り”
金色のユニコーンガンダム3号機フェネクスを捜索するミッション。
そして登場人物は、ヨナ、ミッシェル、リタの3人。
彼らの登場はコロニー落とし前までさかのぼり、ニュータイプ能力の発現からです。

この3人が、“奇跡の子供”としてニュータイプ研究所で試験を受けている中で
リタが乗り込んだフェネクスが暴走し失踪してしまう。
このフェネクスがラプラス宣言の後、急に現れたのでそれを鹵獲しようという話。

ユニコーンもそうだったんですが、うまく宇宙世紀のお話を絡めてストーリーを作っています。
ただ、フェネクスが設定からそうなのですがオカルト過ぎ。
むちゃくちゃ早い。
劇中では4年失踪してたとかなんですが、エネルギーはどうなっているのか謎です。
補給してなさそうな感じ。
オカルトな雰囲気は最後まで。

でも戦闘シーンは活き活きしていてかっこいいし、
話のテンポもよく、この100分ほどの時間で完結させるストーリーとしては
ガンダムらしからぬオカルトが最初から満載ではありますが
映画としては面白かったと思います。
今後何回も見そうな気がします。

ガンダム好きなら、劇場で観るべし!

続きはネタバレ
老害のいちゃもんです。
web拍手 by FC2

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ