ガンプラパダワンT

 
28
 
年度末が近付き、道路工事が頻繁に行われるようになっています。
道路工事というか、地中の水道管やガス管?
それはそれでいいのですが、終わった後の処理が疑問。
完全に終わっているのかどうかは分からないけど、アスファルトの仕上がりが悪い。
特に、ウチの前の歩道はレンガ敷きなのですが、掘った後はアスファルト。
これって、最終的に治るの?
しかもかなり凸凹。歩きにくいぐらいに。
埋め直した業者の腕前なのか、まだ工事が続くから暫定なのか。
最終的にきれいになればいいんですが、どうなんでしょうね。

さてAウィングの完成記事です。
    af16-01.jpg
完成まで、日数がかかりました。
写真撮影してからも日にちがたっています。
1月13日スタートだったんですね。
どんだけダラダラしてたんだって感じです。
記事数にして今回で16ということは、毎日作業していれば
半月で出来上ったはずなんですよね。
なかなかエンジンがかかりませんでした。

でき上ってみると、それなりに愛着もわいてきますね。
もともとSWの世界でちょっと浮いた存在だと思っていたんですが、
それなりに“いいかも”と思えたのは進歩ですね。
ただ、色が思った通りにならなかったのは残念なところ。
ウォームホワイトでグラデーションは難しいんですね。
切替のパネルカラーの方がウォームですよね。
赤もかなりの種類の塗料を混ぜましたが、思った通りになっていません。
やっぱり、調色って難しいです。

    af16-02.jpg

    af16-03.jpg

    af16-04.jpg

    af16-05.jpg

ざっと360度です。
他の写真は続きから
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
23
 
昨日、東京の空はきれいだった、っていってましたが
大阪の空もきれいですねw
というか、雲ひとつない青空を見たのが久しぶりだったんでしょうね。
ただの快晴だったってことです。
久しぶりの東京で、ちょっとテンションあがってただけなのかもしれませんね。

さて、ビークルモデルのミレニアム・ファルコンの完成記事です。
    vmf06-01.jpg
完成!となってから、結構な時間が経ってしまいました。
ブログ振り返ったら、最後の記事は1月30日でしたので、ほぼ1か月。
いろんなことがあったんでしょうけど、さすがに時間が開きすぎましたね。

今回は、成形色を活かして、そのほかの部分だけを塗装するお気軽製作でした。
でも、振り返ってみると、結構手間がかかっていたので、ベースカラーを
1色塗装するぐらいはしても良かったんではないかと、今になると思います。
かなり筆塗で色を足しましたからね。

それでもそれなりに見えるのは、キットの素性が良いからでしょうね。
この緻密なディティールがやはり素晴らしい。
黒でウォッシングするだけで、この細かなディティールが浮き出てきて
すごくかっこよくなります。
パネルのカラー再現をシールでするってなると結構大変だと思いますが、
結構気軽に精密なファルコンのミニチュアが手に入るのは、素晴らしいことですね。

ということで、写真をいくつか。
    vmf06-02.jpg

    vmf06-03.jpg

    vmf06-04.jpg

    vmf06-05.jpg
このサイドのディティールが素晴らしいですね。

というこで、他の写真は続きから
web拍手 by FC2
 
12
 
今日はかなり寒いですね。
これから週末にかけて寒くなっていくようです。
もう今から、おなかが心配です。
うちの会社の喫煙所は駐車場の片隅。
ビルの1Fではあるものの、ほとんど外。
たばこを吸いに行くたびにトイレに行きたくなってしまいます。
いよいよヤバい兆候が出だしました。
この寒波を無事乗り切ることができればいいんですけど。

さて、まとめ撮りした完成記事第二弾、デス・トルーパーです。
    dt06-01.jpg
真っ黒ですね。
これでも一応は、
ゴーグルは暗いグリーンのクリアパーツで、インナースーツはつや消しでブラック、
装備品の一部はメタリックブラックです。
ま、ブラックなんですけどね。

           dt06-02.jpg
           dt06-03.jpg
ガンダムの外伝なんかでもよくある、後から出てきて、時代的には前なんだけども
最新のような謎のキャラクターです。
設定的にはストームトルーパーの上位版なのですが、
当然なのですが、本作(ローグ・ワン)が初出であり、他の作品には出ておりません。
ストームトルーパーの上位版であれば、その後の時代で活躍していないとおかしいんですけどね。
ショア・トルーパーのように南国限定というならともかくね。

劇中では、それほど活躍しなかったし、全滅しきった的な描写もなかったですから
まさに謎の兵士です。そしてなぜか彼らの会話もベーシック(標準語:いわゆる英語?)でもないし。
パンフレットの表紙を飾るぐらいなのに、何なのかと。
キット的には、通常仕様とスペシャリスト仕様の選択でどちらでも組み立てられるようになっています。
エリートの中のスペシャリストってのもなんなのさ?と思ってしまいます。

なぜにこんなに私は辛辣なのか。
そうです、写真を撮影していてどんどん嫌になっていったんですね。
ゴテゴテいろいろ物が付きすぎていて、可動範囲が極端に狭く
ポージングがほとんどとれないんですよ。
ちょっとライフル構えさせようと思ったらすぐに肩が抜けちゃう。
直前に苦労して取ったバトルドロイドでかなりイライラしていた上に、
こいつもかよ?となってしまって、印象は最悪なんですよね。
全く動かなくて、何がエリートだよって感じですね。

それでも完成記事は上げないといけないので何とか頑張りましたが、写真は少なめです。
          dt06-04.jpg
DLT-19D ヘビー・ブラスター・ライフルです。
多少の塗り分けをしています。
デカール指示を塗装しています。
          dt06-06.jpg
          dt06-07.jpg
web拍手 by FC2
 
08
 
2日働いて3日休む。
いいペースですよね。
今日は正月よりもたくさん寝てたかもしれません。
いや、寝てた。
シアワセすぎる。

さて、やっと完成記事です。
年末には完成していたんですが、昨日も言った通り、写真撮影が面倒でね。
すぐにデス・トルーパーも完成だと思うと余計にね。

ということで、完成はしていたものの完成記事が年を越してしまったバトルドロイドです。
          bd19-01.jpg
          bd19-02.jpg
          bd19-03.jpg
この弱々しいスタイルを、ホント上手くキット化したなと感心してしまいました。
これも、RGの技術があってのことだと思うと、ホントにバンダイはすごいなと思います。
おそらく、そんじょそこらのメーカーでは、可動するバトルドロイドをこの完成度では
キット化できないと思います。完全に主観ですが。

ただね、やっぱり難しいところもあるわけで・・・
今回事故を起こしてしまったように、RGのフレームへの塗装は難しいです。
塗装の密着を上げるためにマルチプライマーを吹いたのですが
これが影響したのか、最終的な塗膜の熱さが影響したのか、
右腕がひじで折れてしまいました。
それで完成が予定よりも大きく遅れたんですね。
それに、関節が外れやすいし、硬いところとそうでないところの差が激しく
動かすのがすごく怖い。
動くのはすごいなと思うだけに残念です。

一番つらいのは、足首がゆるいこと。
これは個体差というか、塗装しているのでその具合もあるのかもしれませんが
足首がゆるゆるで、ベースはあるものの、ポーズが付けられません。
これは一番切なかった。
そして、イライラしたのは、この写真でつけているアンテナ。
このバックパックにつける伸びた状態のアンテナが、うまく刺さらないんです。
というか、穴の径と差し込み部の径があってなくて
すぐにポロリと落ちちゃうんです。
そのたびに探すんですが、すぐに絨毯と同化して、なかなか見つけられない。
親指のパーツもそこまでいかないですが、同じように良く外れました。
こちらも絨毯と同化して・・・。
撮影にかなりのストレスを感じました。

それでもいくつか撮影しましたので載せさせてもらいます。
          bd19-04.jpg
          bd19-05.jpg
まずはブラスターです。
こうしてバックパックに装備していて、忍者が刀を抜くように
ブラスターをとって構えるのは好きなシーンのひとつです。
ドロイドのくせにすごくアナログ的な感じが。

web拍手 by FC2
 
21
 
ウチの部署は、受発注業務をしているメンバーが多く
毎日毎日追われています。
そんな中で突発的な作業が発生すると、そこへ人を割り当てるのが
結構難しく、結局私が作業する羽目になっちゃいます。
周りから見ると、怒られちゃう光景なんですが、
時間を自由にできる人がするとなると、私が筆頭なわけで・・・。
昨日も今日も検品作業でした。
年末なのに何やってんだか。

さて、本日はタイ・インターセプターの完成記事です。
    ti0801.jpg
帝国軍戦闘機のタイシリーズの中でも一番好きな機体です。
遂にキット化だと喜びました。
このとがったウィングがたまらないです。
しかも、ソーラーパネルと縁のパーツはもちろん別パーツなのですが、
組立てるときの合いの良さが非常に気持ちいいです。
これぞバンダイの驚異のメカニズムですね。
キット自体も簡単ですし、超お勧めです。

    ti0802.jpg
    ti0803.jpg
    ti0804.jpg
キット付属のスタンドはいつもの固定式。
可動とは謳っていますが、ガンダムの関節のように動くのではなくて
決まった角度に差し替えるのみ。
そして、水平位置と思われる角度で固定すると、
結構な角度で前傾してしまうので、上向きが心地よいです。

では、家で撮影した画像と凸凹さんで撮影した画像を織り交ぜて続きから
web拍手 by FC2

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ